ここから本文です

日本一の美女の父親は芸能レポーター「阿部祐二」だった

8/1(火) 20:00配信

SmartFLASH

「自分の娘が水着で人前に出ても、抵抗はなかったね。堂々とやってこい、と言っておいた。桃子は僕の見ていないところですごく努力をしていました」

 日本テレビ系『スッキリ』のリポーターとして活躍する阿部祐二(58)の一人娘、阿部桃子さん(22)がミス・ユニバース日本大会でグランプリに輝いた。175センチの長身に、B81W60H84という抜群のプロポーション。国内約5000人の応募者の頂点に輝いた。

 7月4日に都内で開かれた日本大会の会場には、九州での取材を終えて急遽駆けつけた阿部リポーターの姿が。グランプリ選出の瞬間、妻でプロゴルファーの阿部まさ子さん(56)と小躍りして抱き合い喜ぶ姿が番組で紹介された。

「じつはこの日、台風取材のあとに熊本で、若作りで話題になった山辺節子被告の裁判取材で傍聴券が当たった。ぎりぎりの帰京となり、本当は大会に間に合わないと思っていた。関係者に挨拶だけでも、というつもりで行ったら、優勝の瞬間に立ち会えた。今日は何かあるな、とは思っていました」

 栄冠を勝ち取った桃子さん。近寄る男がいれば絶好の取材対象だろう。

「いやあ、僕の出番じゃないですよ。心配はしていません。世界大会には取材抜きで行きますよ」
(週刊FLASH 2017年7月25日号)

最終更新:8/1(火) 20:00
SmartFLASH