ここから本文です

「インスタに投稿するだけでお金が稼げる」かもしれない新サービスが登場

8/1(火) 8:10配信

@DIME

SNS映え投稿分析を手がけるSNAPLACEは、インスタグラム投稿写真を独自のSNS映え解析システムで分析。SNS映え度合いが高いと判定された写真をマネタイズすることで、インスタグラマーに収益を還元する新サービス「スナップレイス・メディア」をリリースした。

同社はインスタグラム等のSNS投稿を独自のシステムで分析し、SNS映え度合いが高いと想定される国内外の約5000スポットを紹介する、日本最大級のSNS映え観光情報サイトSnaplaceを運営している。

Snaplaceは数多くのインスタグラマーの協力と許可を得て、実際にインスタグラマーが撮影した写真を使って観光スポット等を紹介している。インスタグラマーのSNS映えする写真は、プロのカメラマンが撮影した写真と比較しても、その観光地の「お客さん視点」で撮影されているため、「新鮮さ」と「リアリティさ」があり、各種メディア(TV局や新聞社、雑誌社)から、利用許諾の問い合わせが入るようになったという。

そこでスナップレイスでは、SNS映えする写真に対する企業からの強いニーズと、インスタグラマーの写真をマッチングするサービス「スナップレイス・メディア」を立ち上げた。

「スナップレイス・メディア」では、メディア会員のインスタグラマーの写真の中から、スナップレイス独自のシステムがSNS映えする写真だけを抜き出している。SNS映え写真を利用したい人は、そのSNS映え写真をスナップレイスから購入が可能。写真は、スナップレイスのシステムによってSNS映えすると想定されるものだけを抽出しているため、どの写真を使えばよいかと迷う必要はなく、同社では「どの写真を利用いただいても、ユーザへの訴求力があります」と説明している。

インスタグラマーは、インスタグラムアカウントをスナップレイス・メディアに登録するだけで、スナップレイスの独自のシステムがSNS映え写真を抽出して販促活動等を行なう。そのため、写真を選ぶ手間も写真を登録する手間もない。登録は約30秒で完了。登録完了後はメディア掲載や収益が振り込まれるのを待つだけだ。メディア掲載の場合は、無償で行われるものと有償で行なわれるものがあり、有償で行なわれた場合は収益の一部がインスタグラマーに還元される。

なお現在、写真購入に関しては企業限定での対応となっている。今後、同社ではSNS映え写真の販売プラットフォーム「スナップレイス・マート(仮)」を公開予定、とアナウンスしている。

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:8/1(火) 8:10
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年11月号
9月16日発売

定価600円

RIZAPの真実。
2018年最新手帳 格付けレビュー
スーパー中学生のつくりかた