ここから本文です

平尾昌晃さんの息子・勇気が相続トラブルを否定も「あの女だけは許せない」

8/1(火) 0:00配信

週刊女性PRIME

 7月21日、肺炎のためこの世を去った作曲家の平尾昌晃さん。2年前から肺がんを患い闘病生活を続けていたが、21日に容体が急変し帰らぬ人となった。

【この記事のすべての写真を見る】

「'15年8月に肺がんが見つかったとき、平尾さんは聖路加病院に入院していました。その年の大みそかは病室からNHKの紅白へ出場し、また病院に戻ったそうです。体力的にはかなりつらかったと思うのですが、舞台では気弱な姿は決して見せませんでしたね」(テレビ局関係者)

 これまでも、メディアの取材には積極的に応じていた平尾さんだが、病気のことや私生活について自ら語ることは少なかった。それだけに、4年前に50代の一般女性Mさんと再々婚していたことが亡くなった直後に明らかになったことが、波紋を広げている。

「平尾さんは'72年に一般女性A子さんと結婚し長男をもうけますが、'76年に離婚。その後、'78年に元歌手の小沢深雪さんと再婚し、男の子が2人誕生しましたが、'85年に離婚しています。そして、20年近く個人事務所のスタッフだったMさんと、'13年に入籍。“内縁だから”と彼女を紹介されたことはありましたが、まさか再々婚していたとは……。知っていたのは、ごく限られた人だけだったようですよ」(芸能レポーター)

 “3人の息子”と入籍が明らかになった“再々婚妻”。両者の間で遺産争いの火種がくすぶっていることを真っ先に報じたのが7月25日付の『スポーツニッポン』だった。《遺産騒動 心配の声》と題し莫大な遺産がトラブルに発展する可能性があるとしている。

莫大な遺産は全部で10億円ほどか

「平尾さんはミュージックスクールを経営しており、過去には畑中葉子や松田聖子、最近では倖田來未などを輩出。各地に教室があり、かなり儲かっているようです。

 また港区の自宅マンションは資産価値が2億円以上と言われ、数年前には都心の一等地にMさんの家族を住まわせるために27階建てのマンションの最上階近くを2億円近くで購入しています。

 また、信州にも別荘があるそうで、以前に名義を“面倒みてもらっている女性に譲る”と話してました。預貯金なども合わせたら10億円くらいはあるのではないでしょうか」(音楽関係者)

 だが、それ以上に価値があるものがあるという。それは、平尾さんが作った楽曲の著作権だ。布施明の『霧の摩周湖』や五木ひろしの『よこはま・たそがれ』。小柳ルミ子の『瀬戸の花嫁』など、大ヒット曲は枚挙にいとまがない。

「著作権は著作者の死後50年間は保護されることになります。最近でも、平尾さんの楽曲の印税は年間で1億8000万円ほど支払われていると思いますよ」(前出・音楽関係者)

 巨額の遺産の行方が注目される中、息子で歌手の勇気が7月27日の『バイキング』(フジテレビ系)に出演。父親と再々婚したMさんについて聞かれると、“お母さん”と呼び、

「父が体調悪いときも、ずっと看病してくださった……」

 と、感謝の言葉を述べた。

1/3ページ

最終更新:8/1(火) 14:18
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月5日号
/ 毎週火曜日発売

定価390円(税込)