ここから本文です

2人の娘を虐待する夫にどう対応するべきか

8/1(火) 5:31配信

東洋経済オンライン

※ミセス・パンプキンへの子育て・家族関係などのお悩み相談は
専用メール、専用サイトで受け付けています

家族は夫(29)、私(36)、長女(2歳)、次女(9カ月) の4人。 夫が子どもに暴力を振るうので悩んでいます。長女がゼロ歳のときには、顔に手形がつくほどたたきました。次女が3カ月くらいのときには口にガーゼを詰めました。
そのほか、泣き声がうるさいからと頭やお尻をたたき、言うことを聞かないからと手の皮がむけるほど引っかきます。夫は自分が他の理由でイライラしたり、子どもが泣きやまなかったり、一度言っても聞かないという、私が納得できない理由で子どもに危害を加えます。まだ2歳とゼロ歳児ですから一度話して、全部理解できるわけがありません。

優しいときもあるからでしょうか、娘はパパを拒絶することはありません。ですが夫は、何度私がお願いしても、暴力をやめてくれません。 私の伝え方に工夫がないからでしょうか?  それとも私の考え方を変えて、現状維持で我慢するべきでしょうか。なぜたたかれるのか、引っかかれるのか理由もわからず、「パパごめんなさい」と謝る長女を、何が何でも守ってやりたいと思う私がおかしいでしょうか。
私は両親が離婚し祖父母に育てられたので離婚は避けたいのですが、どうするべきかわからなくなってきました。 助言を頂戴できたらと思います。

木下(仮名)

■傍観しているのは同罪だ

 子どもを暴行死させた親はみな、「死ぬとは思わなかった」と、殺意は否定しています。あなたの夫は、子どもの命までは奪っていませんが、私がこれらの父親と紙一重だといえば、あなたは否定しますか。

 あなたは心を痛め、言葉ではやめるよう頼んでいますが、子どもを守れていませんから、(子どもを守るためにきつめに言えば)同罪です。子どもにとっては命を危険にさらす父親でも、いるほうがいいとお考えですか。

 私が好きな中国地方の子守歌に、「ねんねこしゃっしゃりませ、寝た子の可愛さ、起きて泣く子のつら憎さ」という歌詞があります。

 この「つら憎さ」は、「泣いてもかわいい、泣き方までがかわいい」という、かわいくてたまらない愛情表現であることに、子どもを育てて気づきました。こんなにも無垢で無邪気でかわいく、そして無抵抗な赤ちゃんに暴力を振るうなど、鬼畜でなくて何でしょうか。あなたが言葉を尽くしてお願いして、直るレベルではありません。

1/4ページ