ここから本文です

Cロナ、裁判所で脱税容疑を否認「きちんと申告してきた。何も隠していない」

8/1(火) 13:20配信

フットボールチャンネル

 レアル・マドリーに所属する32歳のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、脱税容疑でマドリード検察に起訴された問題で裁判所に出廷した。7月31日にスペイン紙『マルカ』が報じている。

【動画】豚の頭が宙を舞う!バルセロナを激怒させた禁断の移籍とは…

 C・ロナウドは6月13日、2011年から2014年にかけて約1470万ユーロ(約18億1000万円)の脱税を行ったとしてマドリード検察に起訴されていた。有罪であれば最低禁固7年、または35億円の罰金を科せられる可能性がある。

 裁判所に出廷したC・ロナウドは「スペイン税務局は僕の所得を全て知っている。なぜなら、僕たちがきちんと申告してきたからだ。何も隠していないし、税金を逃れようとも考えていない」と脱税容疑を否認した。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)