ここから本文です

「ポシェット+サブバッグ」を素敵に持つ2つのコツって?

8/2(水) 17:00配信

集英社ハピプラニュース

おしゃれな人がこぞって実践しているポシェットとサブバッグの2個持ち。
“荷物が多いから”だけでなく、実はメリハリやこなれ感の演出にも効果的と最近もっぱらの噂に!そこで2個持ちスタイルの達人・スタイリスト石上美津江さんに、持ち方ルールを教えてもらいました!

コツ1:全身を引き締めてくれる濃色ポシェット+ロゴ入りバッグが基本形!

「ポシェットとサブバッグの2個持ちは、着こなしがベーシックなほど存在感がきわだち、引き締めやメリハリ効果を発揮します。ポシェットはオンオフ兼用できるレザーやスエードで、黒やブラウン、ネイビーといったシックな濃色を。サブバッグはロゴがしっかり引き立つデザインを選択すると好相性です。カジュアルな素材でも、きちんと見えするポシェットと一緒なら大人っぽく持ちこなせます」(石上さん)

トートバッグ(38×45×13)¥5400/ノストスブックス カーディガン¥14800・パンツ¥19000/シンゾーン ルミネ新宿店 イヤリング¥8800/H(アッシュ/ST.CAT) バングル¥28000/ボウルズ(ハイク)

コツ2:濃色ポシェットと同系色の柄バッグで夏のシンプルな装いがぐっと華やかに

「夏らしいキャッチーな華やぎを出すなら、総柄のサブバッグがおすすめです。おしゃれ見えのポイントは、ポシェットとの配色バランス。同系色か、一部の色がリンクしているとうまくまとまります。ポシェット自体は『コツ1』と同じ選び方でOKなので、要はサブバッグを替えるだけという簡単テク。小物使いが映える今こそトライを!」(石上さん)

トートバッグ(39×49×10)¥4000/ソレイアード 自由が丘店 ワンピース¥28000/ハリウッド ランチ マーケット(ヤーモ) パンツ¥24000/UTS PR(ジェーン スミス) 靴¥22000/アナディス(ファビオルスコーニ) 帽子¥62000/カシラ ショールーム(ジェームス ロック) バングル¥8000/パリゴ 丸の内店(ルック)

石上さんのプライベートスタイルを拝見!

(右)辛口カジュアルに「サン ローラン」のチェーンポシェット。缶バッジ付きの生成りのロゴトートが抜け感に。

(左)白ワンピが主役の日は「カレン ウォーカー」のカーキ色ポシェットと同系色の花柄トートでさりげなく引き締めて。

ポシェットに収納しきれないからといって、サブバッグを“とりあえず持つ”なんてもったいない。選び方と組み合わせのコツを知れば、日常コーデがたちまち今っぽくスタイリッシュに!ぜひ参考にしてみて。

撮影/三瓶康友(モデル) 坂田幸一(静物)ヘア&メイク/河嶋 希(io) スタイリスト/石上美津江 モデル/花楓 取材・文/鈴木絵美

LEEweb