ここから本文です

浦和FW李が解任の恩師ペトロヴィッチ監督に感謝 「共にいれた時間を振り返れば涙」

8/2(水) 6:50配信

Football ZONE web

ツイッターとインスタグラムを更新 「沢山の思い出と言葉が湧き出る」

 ミハイロ・ペトロヴィッチ監督を7月30日に解任した浦和レッズは、1日に堀孝史新監督の下で初の全体練習を行った。新生・浦和が動き出した夜、元日本代表FW李忠成は自身のツイッターとインスタグラムを更新し、前監督への感謝を綴っている。

【写真】英紙が「尋常でない怪しさ」と酷評! 名古屋が発表したJリーグ開幕時の復刻版ユニフォーム

「ミシャ、思えば思うほど沢山の思い出と言葉が湧き出る」と記した李とペトロヴィッチ氏との関係は、2009年8月から始まった。当時、柏レイソルに在籍していた李が、ペトロヴィッチ監督率いるサンフレッチェ広島に完全移籍。同年はリーグ戦8試合の出場にとどまったが、10年は30試合11得点、11年は32試合15得点とフル稼働した。

 そうした活躍が高く評価されて2011年のAFCアジアカップで日本代表に初選出されると、オーストラリア代表との決勝では延長前半9分から途中出場。長友佑都(インテル)のクロスに鮮やかなボレーシュートで合わせて決勝弾を叩き込み、日本を優勝へと導いた。今でもその芸術的な一撃は語り草となっている。

 12年にペトロヴィッチ監督が浦和レッズへ移ると、時を同じく李も当時イングランド2部のサウサンプトンへと完全移籍。その後、FC東京への期限付き移籍も経て、14年に浦和へ加入し、再びともに勝利を追求した。

何度も出てくる言葉は…「尊敬」「感謝」

 そんな李にとって、ペトロヴィッチ監督はまさに恩師と言える存在だ。一緒に過ごした時間を振り返り、「何度も出てくる言葉は『尊敬』『感謝』。彼と共に働けた6年間、『俺を尊敬しろ!感謝しろ!』なんて一言も言われた事ない」と思いを込めた。

 インスタグラムでは「出会いとは…ミシャありがとう」と語り尽くせない感謝の意を示している。そして、指揮官を象徴するであろうキーワードをハッシュタグにし、「#優しさ #厳しさ #哲学 #思いやり #人間味」と並べた。

 広島での出会いに始まり、浦和で再会してから共闘した月日は計6年。恩師の解任という無念さを噛み殺しつつ、李はツイッターをこう締めくくっている。

「そんなミシャと共にいれた時間を振り返れば涙」と。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/2(水) 6:50
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新