ここから本文です

「一生車なんていらない」と思っていたが、田舎の運転は… --- 黒坂 岳央

8/2(水) 16:03配信

アゴラ

私は学生時代、社会人時代は東京、アメリカ(シカゴのループ)、大阪と人生のほとんどを都会で生活をしてきました。これらの場所では車はまったく必要性を感じません。18歳で免許証をゲットした時の私は有頂天になっていて、

「早く自分の車に乗って自由に走り回ってみたい!」

そう思ってワクワクドキドキしながら車のカタログを見ていました。ですが車への熱はどこへやら。免許をとったのはいいものの、冷静に考えると色んな問題が立ちはだかっていることに気付きます。

「駐車場は月額何万円もいるのでもったいないな…」

「仕事(や学校)が忙しくて、週末だけしか乗らないならレンタカーで十分だ!」

そんなことを考えてしまい、これまでは国内外の旅行へ行くにレンタカーを借りて乗る程度となってしまい、一年に一度ハンドルを握る

「ペーパードライバーすれすれ」

という体たらくでした。運転免許証は当然ゴールド!友人には「ゴールド免許取れたよ!」と自慢するものの、「乗ってないからでしょ!」というツッコミが返ってくる始末です。東京で会社員をやっていた頃は「車なんて一生いらない」と思っていた私ですが、熊本県に移住して事業者として取り組んでいる今、 「車は意外とアリだな!」という感覚に変わってきました。

都会人が「車はいらない」というのは高コストすぎるから

ちょっと前まで都会人だった私は「車が必要だ」 と感じたことは一回もありませんでした。

東京に住んでいればショッピング、学習、仕事、交友関係など全てが電車で事足りてしまいます。電車は自分が運転する必要はありませんから、居眠りをしても本を読んでも危険はありません。値段もめちゃめちゃ安いし、仕事の定期券を活用すれば休日のお出かけは交通費ゼロ!ということも余裕です。

しかし、これを電車の代わりに車で済ませるとなるととんでもなく高コストになります。東京都内は早朝から道路はメチャ混み、事故や渋滞を想定すると家を出るのはかなり早くなければいけません。そして一番の問題は駐車場!銀座は一時間の駐車で3,600円という画像を見たことがあります…。ゆっくりお買い物なんてムリムリ!港区は月極駐車場が5万円超という金額で、どう考えても一端の会社員にはキツすぎます!

車本体で数百万、保険や車検などのランニングコストだけでは収まらない駐車場代、これがあまりにも重くのしかかります。必要な時にレンタカーで済ませる、というのは合理的どころかその選択肢しかないと思えるくらいです。

都会人が「車なんて必要ないよ」というのは欲しくないからではありません。あまりにも高コスト過ぎるからです。

1/2ページ

最終更新:8/2(水) 16:03
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム