ここから本文です

「帆立と大根のグリルサラダ」で、タンパク質を補給、疲労回復も!

8/2(水) 17:20配信

OurAge

サラダは、特に夏にうれしいメニュー。そこでおすすめなのが「パワーサラダ」だ。サラダに、肉や魚介、チーズ、卵などをプラスしたごちそう風のこと。野菜が持つ豊富なビタミン、ミネラル、食物繊維に、日本人に不足がちな栄養素の「タンパク質」をプラス、必要な栄養素がひと皿でバランスよくとれる。組み合わせは自由自在、いろいろな味を試してみよう。

この「パワーサラダ」の条件は3つ。
1.良質なタンパク質がしっかりとれる食材が必ず入っていること。
2.ビタミン、ミネラル、食物繊維など、女性を元気にする栄養が豊富なこと。
3.加工食品を極力避けて、添加物の摂取を減らすこと。

今回ご紹介するのは、「帆立と大根のグリルサラダ」。帆立のタウリンとアスパラガスのアスパラギン酸という、 疲労回復効果の高いふたつの成分でパワーアップ!焼き目をつけてこんがりと焼いた大根は 生や煮物とも違う新しいおいしさだ。特に冷やさず、温かいサラダとしていただこう。
分量は2人分。1人分のタンパク質は15.9g、食物繊維3.1g 。

●帆立貝柱(刺身用)小6個に塩、こしょうをふる。大根3cmは皮をむき、厚さ1cmの半月切り、アスパラガス4本は根元1cmを切り落とし、下半分の硬い外皮をピーラーで削ぎ落として長さを3等分にする。ラディッシュ2個は半分に切る。フライパンにオリーブオイルを熱し、大根、 アスパラガス、ラディッシュを並べ、塩、こ しょうをふって焼く。焼けたら取り出す。そのままフライパンに帆立を入れ、表面をさっと 焼く。野菜と帆立を皿に盛り、粒マスタードドレッシングをかける。

●粒マスタードドレッシングの作り方(2人分)
粒マスタード小さじ2、白ワインビネガー小さじ2、砂糖小さじ2をボウルに入れて混ぜ合わせ、オリーブオイル大さじ1を少量ずつ加えながらさらに混ぜる。

焼いた大根とアスパラガスやラディッシュ、帆立の組み合わせもユニークでおいしそう!帆立と野菜の組み合わせはいろいろと広がりそうだ。

最終更新:8/2(水) 17:20
OurAge