ここから本文です

【ビジネス女子マナーQ&A】猛暑でもジャケット着用は必須なの?夏のお仕事ファッションのマナーの基本

8/2(水) 17:03配信

Suits-woman.jp

今回のビジネス女子マナーは、PR会社勤務の田辺和佳子さん(仮名・27歳)からの相談です。

「この春に転職しました。社外の方とお会いして、打ち合わせが多い仕事です。最近は本当に暑くて、スーツやジャケットを着て歩くのが本当にキツイです。それでもジャケットを着ないと、ビジネスマナー違反になってしまいますか? なぜジャケットを着ないといけないのでしょうか?」

ビジネスファッションマナーの基本として、スーツやジャケット着用が「正しい」ことはもちろん知っています。その中で、臨機応変に対応したいところですが、その線引きが難しい、と思っている人も多いのではないでしょうか。さっそく鈴木真理子先生に聞いてみましょう。


☆☆☆

ジャケットの着用は「相手への敬意」を表す

暑いときにジャケットを着たくない気持ち、わかります。

私もジャケット着用が基本の仕事をしていますが、その日に着ていく服に迷ってしまうときなどに、「ジャケットを着ないといけない理由って、なんだったかしら?」とふと思ってしまいます。

ジャケットは窮屈ですよね。ですから、こう暑いと着たくないなぁと思ってしまったり、相談者さんのように「なんでジャケットを着ないといけないのか」と考えてしまったりという気持ちもわかります。

ただ、あまりに軽装で出かけて、仕事相手に会ったとき、「ちゃんとしてくればよかった」と後悔したことも幾度もあります。仕事は第一印象が大切。身だしなみで手を抜くと損をすることもある、と心得てください。

スーツやジャケットには、正装感がありますね。着用することで、その場を「大切に思っていること」こと、「相手に敬意を払っていること」が伝わるアイテムです。

ひとつ、知人の話で、例を出しましょう。

彼女は、フリーランスの編集者。いつもはファッション雑誌から抜け出したような、自由な服装をしています。

そんな彼女が、数年前、フランス出張で、世界に名だたる老舗の文房具の工場の取材と、CEOのインタビューをすることになりました。その際に、アテンドを担当した日本支社のPRの方(仮にAさんとします)に、「どんな服装で行ったらよいでしょうか」と聞いたそうです。

彼女とAさんは、もともとの知り合い。だから、彼女が普段、どんな服装で仕事をしているか、当然知っています。フランスに行くことじたい、彼女にとっては初めて。気候などにも不案内です。また、弾丸出張ということもあり、できるだけムダのない準備をしたかったのだとか。

そのときのAさんのお返事が、「弊社の社長に敬意を持ってくださるなら、ぜひジャケットを1着ご用意ください」だったそう。

彼女はその言葉に「改めて、ジャケット1着がもたらす機能と着ることの意味を考えさせられた」と、しみじみ言っていました。

1/2ページ

最終更新:8/21(月) 13:57
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。