ここから本文です

次期iPhoneの「秘密」が、アップルの“ミス”から明らかに

8/2(水) 12:30配信

WIRED.jp

アップルの次期iPhoneに関する記述が、同社が誤って公開したファームウェアから見つかった。“公式”の情報流出によって、その新機能やデザインに関する噂の数々が裏付けられる結果に。暴かれた秘密とは──。

アップルの次期iPhone。情報流出によって暴かれた秘密とは...

ブラジルのネット通販会社で働くソフトウェア開発者のギリェルメ・ランボーは、アップルが発売前のSiri対応スピーカー「HomePod」のファームウェアを公開しているのを見つけたとき、これは何らかの手違いに違いないと考えた。というのも、HomePodの発売は12月だからだ。

好奇心に駆られてコードを探ってみると、彼はまったく予想外のものを発見した。それは何と、次期iPhoneに関する記述だったのである。

デザインや機能に関する噂が裏付けられた

新デザインが採用されるとされるハイエンドのiPhoneは、「iPhone 8」や「iPhone Pro」などと仮に呼ばれている。だが現時点では、クパチーノの外側には正式名称を知るものはいない。この製品に関するリークはすでにいくつかあったが、ランボーがHomePodで発見したのは、まぎれもなくアップルの製品に関する記述そのものだった。しかも、この数年で最大級のリリースとなる製品の、である。

そこには、より細くなったベゼル(画面の枠)と新デザインの外見、ホームボタンの廃止、新型の強力な顔認証機能などが記されていた。アップルにとって近年最大級のリークは、アップル自身によって引き起こされたのだ。

HomePodのファームウェアが公開されたのは数日前のこと。アップルによる正式な公開アップデートの情報だった。中身を開いたランボーは、アップルがミスに気付いてそのコードを非公開にしてしまう前に、このスマートスピーカーについて何か面白い情報が得られないかと期待した。

iPhoneと同じく、HomePodもiOSを採用している。それ自体は驚くことではなく、すでに開発者たちは次期OS「iOS 11」のベータ版に1カ月以上も前からアクセスできていた。だが、すぐにランボーは重大な発見をした。アップルが公開したHomePodのファームウェアに含まれていたのは「iOS 11.0.2」であり、一般公開されているものより新しかったのだ。

そこにパフォーマンス関連の変更が含まれているのは当然である。だが、このファームウェアは意図せずに一般公開されてしまったため、アップルがリリースする前の製品に関するコードも含まれていた。つまり、9月に発売とされる新型iPhoneのことである。

「iOSベータ版の先行公開はアップルにとって恒例のプロセスで、未発表のiPhoneについて多くを明かすことなく、デヴェロッパーに情報を開示しています」。iOSのソフト開発者であるスティーヴン・トロートン=スミスは、ランボーの発見を裏づけた。

1/3ページ

最終更新:8/2(水) 12:30
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc