ここから本文です

“好きな時にお酒が飲める”権限を有するエリザベス女王の好きなお酒は…ジンとデュポネ!

8/2(水) 19:30配信

ハーパーズ バザー・オンライン

2017年2月に即位65周年を迎えたエリザベス女王。「免許なしで運転できる」や「パスポートはいらない」など、さまざまな特権を持つ女王だけど、実は「好きな時にお酒が飲める」という権限も有しているという。そのため、どんなに忙しくても大好きなお酒を毎日欠かさず飲んでいるのだそう。

【関連記事】エリザベス女王が決して口にしない意外な食べ物とは?

ニュースサイト『ビジネスインサイダー』に掲載されている、エリザベス女王の一日の食事に密着した記事によると、女王はランチの前に“もっとも好きなお酒”というジンにデュボネとレモンのスライスを加えた爽やかなカクテルを嗜むという。

そして数日に1回ほどの割合だが、ヘルシーなランチにはワインをペアリングすることもあるそう。食後のデザートにはお気に入りのチョコレートをひと口食べると『インディペンデント』紙は報じた。

また時々、夜にドライ・マティーニをの飲むこともあるそう。ステアとシェイク、どちらの飲み方がお好みかは不明だが。

「女王は定番の銘柄を好む」と『インディペンデント』紙に話したのは、女王の従姉妹マーガレット・ローズさん。今回は名前が挙がらなかったけれど、ゴードンのジンやピムス、バカルディ、ブルマーズのサイダーも英国王室御用達の称号を与えられているので、過去5年の間に何度かオーダーしているのだろう。

意外にもビールはちょっと苦手なご様子のエリザベス女王だが、女王がいける口だなんて、勝手ながらちょっと親近感がわいてくる。ぜひ乾杯してみたいものだ。チアース!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年11月号
2017年9月20日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。