ここから本文です

「世界標準の子育て」において重要な、3つの条件とは?

8/2(水) 17:10配信

ライフハッカー[日本版]

『世界標準の子育て』(船津 徹著、ダイヤモンド社)の著者は、日本の金融会社、幼児教育の会社を経て、英語教材制作会社を立ち上げたという人物。その後アメリカに移住し、現在はホノルル、ロサンゼルス、上海で英語学校を経営しているのだそうです。

【画像】「世界標準の子育て」において重要な、3つの条件とは?

これまでに預かってきたアジア諸国出身の子どもたちは、のちにハーバードやイェールなど世界の難関大学に進学し、グローバル企業に就職して世界的に活躍中。しかし彼らは最初から優秀だったわけではなく、誰もが一度は「競争の壁」にはばまれ、挫折や自信喪失を経験しているのだといいます。では、どうやってそれらを克服してきたのでしょうか?

その時支えになるのが、困難に負けない「強い心」です。強い心は、子どもが勝手に身につけるものではありません。育て方によって身につく、後天的な資質なのです。(「はじめに」より)

そこで本書においては、学問的な理論をベースにしながら、多くの親御さんがぶつかる子育ての壁や、「こういうときはどうするべきか?」という実践的な内容を盛り込んでいるのだそうです。

ちなみにタイトルにもなっている「世界標準の子育て」の根幹となる3つの条件は、「自信」「考える力」「コミュニケーション力」。きょうは、基本中の基本というべきその3つについて解説した第1章「『世界標準』の子育て3つの条件」に焦点を当ててみたいと思います。

第一の条件「自信」

子育ての3つの条件のなかで、もっとも大切なのが「自信」。子どもの自信を強くすることができれば、子育ては90%成功したといっても過言ではないと著者は主張しています。「自分はできる!」という自信が、環境の変化にもへこたれない、挫折もバネにできるタフネスの源になるというのです。

性格的にも、「自分はできる!」と心から信じられる子は、勉強、スポーツ、人間関係に積極的で前向きになるもの。いいかえれば、新たな環境へのチャレンジをおそれることのない、「勇気」と「根性」に満ちあふれた子どもに育つということ。

ただし集団の秩序や礼儀を重視する日本においては、この自信が育ちにくいとも著者はいいます。自信の源泉は、子どもが自分の意思でものごとに取り組んだとき、「自分の力でできた!」という成功体験に基づいて生まれるもの。だとすれば、子どもの自主性を尊重し、子どもがやりたがっていることをやらせてあげなければならないわけです。

ところが「他人に迷惑をかけないこと」「集団のルールを守ること」を重んじる日本の子育てでは、子どものやりたいことを自由にやらせるよりも、子どもの行動を制限しようとする場面が多いというのです。

もちろん、公共の場や集団でのルールを教えることは大切。しかし、親が過剰に周囲の目を気にして「あれしちゃダメ!」「これしちゃダメ!」と子どもの行動を制限していると、「自信育て」においてまずい結果を招くことになるというわけです。

たとえば、2歳児が一生懸命コップで水を飲もうとしているのを親が手出しして飲ませてしまう、ということがあります。このように、子どもが自分の意欲でやろうとしていることを親が先取りする行為を「過干渉」と言います。

過干渉は必ず子どもからやる気を奪い、自信を減退させます。(19ページより)

これは子どもが何歳になっても同じで、親は「手出し・口出し」したい気持ちをこらえ、子どもを見守ることが大切。自信を育てるためには、自主性を尊重して自由に行動させることが必要。「自由と制限」、この2つをバランスよく与える子育ての実践が、親には求められるということです。

もちろん、子どもの生命の安全のための干渉は必要です。そこで、どこまでが必要な干渉で、どこからが過干渉になるのかを親はしっかりと見分け、子どものやる気をつぶさないように配慮することが大切なのだそうです。(18ページより)

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。