ここから本文です

覚えておきたい愛犬の病気サイン

8/2(水) 8:10配信

@DIME

見逃さないで愛犬の病気サイン!
オシッコとウンチは体からのメッセージ(1)【オシッコ編】

愛犬の健康状態を知るには、日頃から、オシッコの回数や量、色、飲み水の量についても気にしておくことが重要です。オシッコに変化は見られなくても、病気によっては下痢や嘔吐で症状が現れる場合もあります。注意深く観察して、愛犬の異変を早めにキャッチしましょう。

水を多量に飲み、オシッコの回数や量が多い場合考えられるのは、尿崩症、甲状腺機能亢進症、糖尿病、ストレスなどです。また、避妊手術を受けていない7歳以上のメス犬は、子宮蓄膿症の可能性もあります。その他、排尿の姿勢をするのにオシッコが出ないことも……。このような時は、尿道がふさがっている、もしくは腎不全の場合もあるので、すぐに動物病院で診察を受けさせてください。

水を多量に飲むからといって、必ずしも疾患があるわけではありません。フードの中でいちばん飲み水を必要とするのは、ドライタイプのフードを与えている場合です。オシッコの色に異変がなければ健康面の問題はないと思うので、しっかりと水分補給をさせてあげましょう。

オシッコの色をチェックしよう
健康な犬のオシッコの色は薄い黄色ですが、濁っている場合は、細菌感染が疑われます。では、正常なオシッコとされる薄い黄色以外の場合は、どのような原因が考えられるのでしょうか。オシッコの色のチェックは、排尿したペットシーツを見る、排尿後のオシッコの上にティッシュを落とす、排尿中にティッシュに染み込ませるなどの方法で確認できるので、やってみてください。

■濃い黄色……オシッコが濃い黄色、白目の色が黄色なら、黄疸が出ている可能性も。肝臓、胆嚢の病気が考えられます。

■茶色……血が混じると、オシッコは茶褐色になります。腎臓や膀胱などに出血がある場合は、排尿に時間がかかり、黒っぽいオシッコになります。

■キラキラしている……オシッコの成分が結晶化すると、キラキラと光って見えます。その場合、膀胱炎の可能性が考えられます。

■赤色……ネギや玉ねぎなどを食べると、オシッコが赤色になることがあります。軽症であればすぐに改善しますが、重症の場合は輸血を要する場合もあるので、オシッコの色が赤いと感じたら、すぐに掛かりつけの病院で診察を受けさせてください。

“おかしい”と感じたら採尿を!
少しでも愛犬のオシッコに異変を感じたら採尿して、掛かり付けの動物病院で検査してもらいましょう。オシッコはすぐ酸化する特性があるので、採尿後はなるべく早く動物病院で検査してもらうこと。犬の採取には、コツが必要です。動物病院によっては犬用の採尿キットが用意されている場合もあるので、採尿方法を相談してみることをお勧めします。

文/マルヤマミエコ

@DIME編集部

最終更新:8/2(水) 8:10
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年10月号
8月16日発売

定価600円

売り切れ御免!調理家電&ヒット食品
ふるさと納税 極ウマ返礼品・ベスト47
ホリエモン流 超仕事術公開
タイプ別 痩せるカラダマネジメント