ここから本文です

役者志望者を対象にしたサービス「mirroRliar」始動 山田孝之、阿部進之介ら協力

8/2(水) 20:31配信

KAI-YOU.net

フォッグ株式会社と株式会社and picturesは2017年8月1日から、役者を目指す人を対象にした新サービス「mirroRliar(ミラーライアー)」をスタートした。

サービスの命名もした山田孝之

Web上で、監督・脚本家のコラムや演技のワークショップなどを発信するほか、俳優陣との懇親会も開催。利用は基本無料で、一部月額会員限定コンテンツがある。

サービスには協力者として、俳優の山田孝之さんと阿部進之介さんが参画する。

ポートフォリオ機能や独自オーディションを開催

役者を目指すうえでの、学びとチャンスを提供するという「mirroRliar」。

公式サイトでは、コラムやワークショップに加え、公開が終了してしまった映画などを配信し、役者になるために知っておくべきノウハウを発信。

オーディショや懇親会を開催するほか、自身の紹介用にポートフォリオ機能を実装(9月予定)。写真だけでなく動画もアップロードできる。

ポートフォリオには独自のURLを発行。それを監督、脚本家、友人らにシェアすることで、本人の役者になるチャンスを広げていく。

山田さんがサービス名に込めた思いとは?

「mirroRliar」の名前は山田孝之さんが命名。「鏡という絶対的なものすら役者は芝居で騙せることができるんだ」という気持ちで名付けたという。

公式サイトには、and pictures代表・伊藤主税さんと、賛同者である阿部進之介さん、山田さんの3名による対談記事が公開中。

サービス名の理由や求められる人物像などが語られており、その中で山田さんは「“山田と一緒に芝居やってみるか”といった感じで参加したらきっと楽しいと思います。」と、役者を目指す人に向けてメッセージを贈っている。

8月1日からは短編映画オーディション「ショートトライアルプロジェクト 2018」をスタート。「世にも奇妙な物語」シリーズなどでプロデュース/ディレクターを務めてきた、小椋久雄監督作品への出演者を募集している。

「mirroRliar」では将来的に、実際に作品へキャスティングされたユーザーが所属する、事務所サポート業務も展開する予定だ。

最終更新:8/2(水) 20:31
KAI-YOU.net