ここから本文です

陶芸教室やギャラリー併設の場所も!韓国のうつわ屋さん9選 [FRaU]

8/2(水) 14:00配信

講談社 JOSEISHI.NET

韓国は使い勝手と美しさを兼ね備えた “欲しくなる” うつわの宝庫。見惚れるような伝統工芸から個性豊かな作家もの、掘り出し物確実なアンティークまでうつわ好きなら他をあきらめてでも絶対行くべき、9軒をピックアップ。

ハンス

韓国文化財庁と新世界百貨店によるプロジェクトで、国から無形文化財指定を受けた名匠約20名と、現代作家約70名の作品が一堂に会する。日本でいう人間国宝の作品を見て触れて、しかも買うことができるのはソウルでもおそらくここだけ。作家のセレクトはいい意味で王道。今の生活になじむものがきちんと選ばれており、今の韓国のきれいな工芸を見たい人には特におすすめ。

ハンス
AREA:南大門
中区南大門市場10キル2
TEL:02-2128-7703
営業時間:10:30~19:30
定休日:第3月曜
Instagram:@hansooshop

イド

女性作家イ・ユンシンによる韓国唯一のアーティストブランド。モダンなデザインとリアルな価格帯が魅力で、5つのラインからなる陶器のほか、さらに今春からは吹きガラスのラインもスタートした。ブランドコンセプトを体現した本店には国内作家のオブジェや生活陶磁器をセレクトしたギャラリーにカフェ、さらに陶芸教室も。ひと休みを兼ねてぜひ覗いてみて。

イド
AREA:嘉會洞
鍾路区昌徳宮キル191
TEL:02-722-0756
営業時間:10:00~19:00
定休日:第3日曜 
Instagram:@yidopottery

ヒャンミダン

何十軒もの古美術店が入ったビルの中にある。コンパクトな店内に李朝~現代の生活骨董全般がバランスよく収まっており、うつわのほかにも家具、オブジェ、花器などがひと通り揃う。骨董なので値段は当然ピンキリだが、例えば先祖への供物をのせていた木の器は約¥1000~と手頃な価格帯も豊富。ポシャギをはじめとする布ものは特に充実しており、古いものも新品も手に入る。

1/3ページ

Yahoo!ニュースからのお知らせ