ここから本文です

「女子大生コンビ」がトライ量産。日本代表が女子ラグビーW杯へ出陣

8/2(水) 17:30配信

webスポルティーバ

 8月9日(日本時間8月10日)、アイルランドにて女子ラグビーワールドカップが開幕する。それに先立ち、15年ぶり4度目の出場となった「サクラフィフティーン」こと女子ラグビー日本代表28人(フォワード16名・バックス12名)の本大会出場メンバーが発表された。

【写真】男子ラグビーW杯の切り札はこの選手。

 日本でのワールドカップ2019を控える男子よりも先に「ベスト8」を目指す女子日本代表。そのメンバー内で「黄金世代」と呼ばれ、チームの中心となっているのが、今年度に20歳を迎える1997年4月~1998年3月生まれの大学2年生6人(PR江渕まこと、FL塩崎優衣、FL鈴木彩夏、SH野田夢乃、WTB堤ほの花、FB清水麻有)だ。

 なかでも日体大ラグビー部に所属する同級生のふたり、20歳のWTB(ウイング)堤ほの花と19歳のFB(フルバック)清水麻有は、「高速連続アタック」を標榜する女子日本代表BK(バックス)の中心選手として、トライに絡むプレーが期待されている。

 来年の成人式のために日焼けを人一倍気にしている堤と、食わず嫌いが多くて最近になってラーメンや卵かけご飯を食べられるようになったという清水。そんなふたりの見た目の印象は、ごく普通にいる大学生と何ら変わらない。

 だが、ふたりは高校時代から7人制ラグビー(セブンズ)も含めた日本代表で活躍するなど、文句なしの実力でアイルランド行きの切符を勝ち取った若手有望株だ。女子日本代表を4年間にわたって鍛えてきた有水剛志ヘッドコーチも「外国人相手に個人で突破し、トライを獲れる選手。堤はスピード、清水はキレで勝負するタイプ」と、ふたりに絶大なる信頼を置いている。

 ふたりはともに、「ラグビー一家」に生まれた。自然と楕円球の道に進んだのも、その影響が大きい。

 堤は佐賀県嬉野(うれしの)市出身。身長154cmと選ばれた28人のなかで2番目に小さいものの、50mを6.8秒で走るチーム1の快足ウイングだ。

 父親が嬉野ラグビースクールのコーチだったため、3歳から双子の弟・英登(えいと/日体大)とともに競技を始めた。同時に陸上も取り組みながら、中学2年ごろから本格的にラグビーにのめり込んでいったという。高校は弟とともに、五郎丸歩の母校でもある強豪・佐賀工に進学。男子と一緒に練習をしていたことで、「周囲のレベルが高いから、それについていこうとして自然とレベルアップできました」と語る。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
4月13日発売

定価 本体1,472円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 平昌への道』
■ヘルシンキの激闘
■宇野昌磨、本田真凜ほか