ここから本文です

「ミス・ゲイ・フィリピーナ」のセレブそっくりメイクに注目!『ダイ・ビューティフル』 [with]

8/2(水) 18:00配信

講談社 JOSEISHI.NET

「お葬式までの7日間は、日替わりで有名人のそっくりメイクをしてほしい」。生前にそう語っていた「ミス・ゲイ・フィリピーナ」のトリシャの前代未聞のお葬式を、その半生とともに描いてゆく映画『ダイ・ビューティフル』。恋と友情と「ミス・コン」に生きた彼女の生涯は、顔で笑って心で泣いての連続で、女子であればきっと、女子でなくても「ありのままの自分」で生きたいと思うすべての人たちにグッとくる物語――なのですが。

この映画の見どころは何と言っても、トリシャとバーブスが繰り出す有名人そっくりメイク。レディ・ガガ、ジュリア・ロバーツ、マーゴット・ロビー、ブリトニー・スピアーズ……などなど、それは時に笑っちゃうこともあるのですが、時にあまりのそっくりぶりにびっくりさせられることも。特にアンジェリーナ・ジョリーの完成度はハンパありません。ということで昨年の東京国際映画祭の来日で、レッドカーペットを歩いた時の写真がこちら。

マジで本物かと思います。 実は主人公を演じたパオロ・バレステロスさんは、フィリピンの人気司会者でありメイクアップアーティスト。映画の以前から有名人そっくりメイクをインスタグラムでしょっちゅうアップしていることで有名な人。その数々を見ると、化粧をすれば誰にでもなれるな!と思うこと必至です。

ちなみにこの映画でゲイを演じている俳優さんたちは全員ストレートな男性なのだとか。こういう服選ぶとウエストの太さやがっちり肩幅がカバーできるのか、こういう立ち姿こういう仕草が女子っぽさなのか……などなど、女子が見ても「へえ~」だらけ。そのあたりにも注目してご覧になって下さいね~。

『ダイ・ビューティフル』絶賛公開中!

文/渥美志保