ここから本文です

華麗な芸術ループ弾の直後に負傷の悲劇 “ガラスの天才”がバイエルン戦でアクシデント

8/2(水) 16:30配信

Football ZONE web

リバプールFWスターリッジ、後半途中からの出場で才能を見せつけるも…

 リバプールの“ガラスのエース”が、ドイツの絶対王者バイエルン戦で華麗な芸術ループ弾を決めた直後に右太もも裏を痛めるという悲劇に襲われた。

【動画】“ガラスの天才”にまたも悲劇。華麗なループ弾決めるも…

 敵地アリアンツ・アレナで行われた親善試合でリバプールが圧倒的な強さを見せた。FWサディオ・マネと新加入モハメド・サラーのゴールで2-0とリードして迎えた後半24分、イングランド代表FWダニエル・スターリッジがピッチに登場した。

 そして、43分に絶大な才能を見せつける。GKとの1対1の場面で左足から華麗なループショットを披露。美しい弧を描いてダメ押し弾はゴールに吸い込まれたが、軌道を見つめるスターリッジの表情はみるみるうちに曇った。そして、同僚が喜んで祝福に殺到するなか、左足を抑えながら苦悶の表情を浮かべ、足を引きずる仕草を見せる。ループ弾で負傷というよもやのアクシデントだった。

 スターリッジはこれまでのキャリアで何度も故障に見舞われている。昨季も臀部の故障で長期離脱を強いられるなど、過去3シーズンでリーグ戦出場は46試合。アーセナルMFジャック・ウィルシャーと同じように“ガラスの天才”と呼ばれる男の離脱に、リバプールのユルゲン・クロップ監督は次のように言及している。

クロップ監督も「ゴールは偉大だったが…」

 英公共放送「BBC」によると、クロップ監督は「彼は太ももを痛めた。本当に素晴らしい準備ができていたんだ。軽傷であることをただ祈る。すぐにプレーできるようになることを」とコメントした。

「ゴールは偉大なものだった。それ以前にもチャンスはあったが、どれほど彼にスピードがあるか分かったと思う」

 指揮官もそう評するほど充実の仕上がりを見せていたスターリッジだが、またもや故障に泣かされる羽目になってしまった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/2(水) 16:42
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新