ここから本文です

『ひよっこ』木村佳乃、夫・実と衝撃の再会「複雑な感情が押し寄せてきました」

8/2(水) 5:00配信

週刊女性PRIME

 視聴率が20%超えで折り返し、盛り上がりを見せる朝ドラ『ひよっこ』。2年半ぶりに夫の実と“再会”する谷田部美代子役の木村佳乃(41)に話を聞いた。

【この記事のすべての写真を見る】

「私、実(沢村一樹)さんと美代子は恋愛結婚じゃないかと思っているんです。お見合いだとしても、心底惚れ抜いているというか、大好きですよね。2年半ぶりの再会のシーンを撮影していて、すごく思いました」

 記憶喪失で家族のことを忘れ、あろうことか人気女優の川本世津子(菅野美穂)と暮らしているという事実をつきつけられた美代子。みね子からの知らせを受け、“この人の妻は私”という強い気持ちで東京へと向かうのだが――。

「演じていて、いろいろと思うところはありましたね。美代子にしてみれば、無事に生きていてくれた喜びの反面、世津子さんと2年半も暮らしていたということを知るんですから。考えたくないことも考えちゃうし……、いろいろありますよね。

 女性としてのプライドもあり、まったく自分のことを覚えていないこの人は、これからどうするのだろう? 世津子さんのところに残りたいと言うかもしれない。私の中にも複雑な感情が押し寄せてきました」

 106話(8月3日放送)でみね子、美代子、実、世津子の4人で対峙(たいじ)するシーンは、カットなしの長回しだったという。

「放送15分のうち、13分くらい。オープニングを除くと、ほぼこの回は再会のシーンだけなんです。ずっとカメラが回っていて、セリフを覚えるのが大変だな、とか(笑)。でも、岡田さんの脚本は心を打つセリフが多くて、実はすごく覚えやすいんです。そのセリフに負けないように、という思いで演じていました」

 クランクインしてから約9か月。いちばん心に残っているセリフは、11話(4月14日放送)のあの言葉だという。

「“いばらき”です。実さんの行方を捜している中で、警察に行ってもたらい回しにされ、まじめに取り合ってもくれなくて……。あげくの果てに故郷を“いばらぎ”と言われたときに抑えていたものが、わっと出て。あのシーンのセリフは奮い立ちましたね」

1/2ページ

最終更新:8/2(水) 5:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」8月15日号
/ 毎週火曜日発売

定価390円(税込)