ここから本文です

電算システム(3630)、株主優待を変更!お米やハムなど3000円相当の特産品をもらえる優待の獲得に「1年以上継続保有」の条件が追加

8/2(水) 23:20配信

ダイヤモンド・ザイ

 株式会社電算システムが、2017年12月末時点の株主に贈呈する株主優待品の内容と、2018年12月期からの優待制度の一部変更を2017年7月28日に発表した。

【詳細画像または表】

 電算システムの株主優待は、従来「100株(1単元)以上を保有する株主に、岐阜・西濃地方の特産品など、3000円相当の商品を贈呈(数種類の中から一つ選択)」というもの。

 今回、2017年12月末の株主に対して実施する株主優待品の内容が発表された。内容は以下のとおり。

 (1)明方ハムセット
(2)ハッシュドビーフ&ビーフシチューセット
(3)はちみつゆずと人気はちみつ2本セット
(4)世界農業遺産 清流長良川地酒(お酒)
(5)玉井屋お菓子揃え (「登り鮎」など)
(6)龍の瞳(お米3kg)

 また、電算システムは、2017年12月期の優待内容と同時に、2018年12月期からの優待制度の一部変更も発表している。今後も優待内容に変更はないものの、優待を受けられる対象者が「100株以上を1年以上継続保有する株主」となる。

 よって、2018年12月末時点で株主優待を受けるためには、2017年12月31日、2018年6月30日および12月31日時点の株主名簿に、同一株主番号で3回連続で記載または記録される必要がある。

電算システムの株主優待制度の詳細と利回りは?

  電算システムの株主優待制度の詳細

  基準日
  保有株式数
  株主優待内容
  12月末
  100株以上
(※2018年12月期からは
1年以上の継続保有が条件)
  3000円相当の特産品(以下から1種類選択)
(1)明方ハムセット
(2)ハッシュドビーフ&ビーフシチューセット
(3)はちみつゆずと人気はちみつ2本セット
(4)世界農業遺産 清流長良川地酒(お酒)
(5)玉井屋お菓子揃え
(6)龍の瞳(お米3kg)

 電算システムの2017年8月2日時点の株価(終値)は1832円なので、株主優待利回りを計算すると、以下のようになる。

 【変更後】
 (100株保有の場合)
 投資金額:100株×1832円=18万3200円
 優待品:3000円分
 株主優待利回り=3000円÷18万3200円×100=1.63%

 電算システムの株主優待は、ハムやはちみつ、地酒など、岐阜県内の特産品(3000円相当)から、好きなものを1種類選択する方式。注目度が高い内容で人気を集めていたものの、今回の変更により、「継続保有期間1年以上」という条件が追加された。継続保有を検討してみてもいいかもしれないが、以前のように好きなタイミングで買って、短期間の保有で優待を受けることは不可能になるため、若干の改悪といえるだろう。

 なお、電算システムは情報処理サービスの中堅企業。システムの営業提案から設計・開発、最適なシステム環境構築のためのハード調達、システムの運用保守まで、ワンストップで提供することを目指す。2017年7月28日に発表された2017年12月期第2四半期の連結経営成績(累計)は、すべて前年同期比で、売上高は10.4%増、営業利益は53.3%増、経常利益は51.2%増、当期純利益は44.8%増。クラウド関連サービスの売上が順調に推移した他、デジタルサイネージや大手ゼネコン向け機器などの販売が好調。

 ■電算システム

 業種
 コード
 市場
 権利確定月
 情報・通信業
 3630
 東証1部/名証1部
 12月
 株価(終値)
 単元株数
 最低投資金額
 配当利回り
 1832円
 100株
 18万3200円
 1.36%
 【電算システムの最新の株価・株主優待の詳細はこちら! 】

 ※株価などのデータは2017年8月2日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。

ザイ・オンライン編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ