ここから本文です

酒井高徳は今季もHSVの主将継続か? 監督「劇的に何かを変える理由はない」

8/2(水) 9:20配信

フットボールチャンネル

 日本代表DF酒井高徳は今季も所属クラブのハンブルガーSVでキャプテンを務める可能性が高まっているようだ。1日付けの地元紙『ハンブルガー・モルゲンスポルト』が報じている。

 同紙のインタビューでマルクス・ギスドル監督は今季の主将について問われると「まだ何も決まっていない」としながらも「劇的に何かを変える理由はない」と話し酒井が今季もキャプテンマークを付けることを示唆している。

 また記事では、酒井を支える副キャプテンにはメルギム・マブライ、アーロン・ハント、デニス・ディークマイアーそしてキリアコス・パパドプロスが務めると伝えている。

 酒井は昨年11月、前任者のヨハン・ジュルーからキャプテンの腕章を引き継ぎ懸命にプレー。その結果、リーグ戦最終節でチームを1部残留に導いた。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)