ここから本文です

子どもが生まれて、その後どうですか? 劔樹人×犬山紙子×赤ちゃん 家族鼎談(1)

8/2(水) 11:00配信

ダ・ヴィンチニュース

家事の先にある“ペーソス”と、妊娠にまつわる“不安要素”がテーマの2冊
 

 2014年に結婚した劔樹人さんと犬山紙子さん。このたびご夫婦ほぼ同じタイミングで『今日も妻のくつ下は、片方ない。 妻のほうが稼ぐので僕が主夫になりました』(双葉社)と『私、子ども欲しいかもしれない。 妊娠・出産・育児の“どうしよう”をとことん考えてみました』(平凡社)が出版されました。2冊に目を通してみると、一緒に読むことで多面的に楽しめることがわかり、2017年1月に生まれた娘さん同席のもと、本のこと、家族のこと、そして子どものことについてお話を伺ってきました。

 

■“家事あるある”の先にある感情を描きたかった

――犬山さんから「お金は私が稼ぐから、結婚して家のことをやってほしい」と言われて結婚した劔さんが、実は全然得意じゃなかった慣れない主夫業に悪戦苦闘する日々を描いた『今日も妻のくつ下は、片方ない。』はどう始まったんですか?

劔樹人(以下劔) 漫画が2冊出て、それのおかげで描く仕事が増えてきたから、やってみたほうがいいよ、ってこの人に言われて。

犬山紙子(以下犬) なんだかんだで描き始めるまでに1年くらいかかったんだよね?

劔 今まで描いた漫画は、最初の時点でこうやって始まってこうやって終わる、という構想があったんだけど、これは日々のことだから構想が浮かばなくて……それで渋ってしまって。自分の中でギャグ漫画っぽいのはやめようとか、そういう謎の基準があったり。しかも自分のブログでやるものだったから締切もなくて。他の仕事は締切があるから、どうしても後回しにしてしまったんです。

犬 つるちゃんが家事のことについてブログに書いたときに、雨宮まみさんが「これは絶対そのうち単行本になる」って予言していて、そしたら双葉社さんが声をかけてくれたんだよね。私はまみさんのひと言、うれしかったな。だから周りからの期待は高かったんですよ!

劔 期待は、ね、そうですね……(笑)。でも「家事あるある」みたいなものを排除したから、思ったよりもマニアックだったんじゃないか、家事の話だと思って読んだ人の想像と違ったんじゃないか、って気が今もしてて……

1/4ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ダ・ヴィンチ

株式会社KADOKAWA

2017年11月号
10月6日発売

特別定価​690円(税込)

【表紙】乃木坂46
祝!2期スタート 『おそ松さん』特集&だからアニメはやめられない!
「6つ子」描き下ろしトビライラスト
『おそ松さん』豪華キャストによる、特別鼎談!!