ここから本文です

「モテる男」と「嫌われる男」の違いって!?

8/2(水) 11:00配信

ダ・ヴィンチニュース

 この世に生を受けてから、灰になるまで、男子たるもの女性にモテたいもの。しかし自慢ではないが、私はこれまで生きてきた30年、まったく女性にモテたことがない。しかも「どうせ何をしたところで、『但しイケメンに限る』という注意書きがついてくるんだ!」とついつい悪態をついてしまう始末だ……。

 来世はイケメンに生まれてくることを期待するしかない――そう諦めていた時に出会ったのが『「モテる男」と「嫌われる男」の習慣』(今井翔/明日香出版社)という一冊。著者はサイト「LOVE IS ALL」を立ち上げて恋愛・婚活の悩みを解決しているほか、個人コンサルティングや講演会をこなす今井翔氏だ。彼に寄せられた相談件数は、男性だけでも300件以上、コンサルティングの半年後にパートナーを見つけて入籍するなど成功例が続出しているという、まさに“モテ”のプロフェッショナル。

 そして、彼は本書の初めにこのようなことを述べている。

(1)モテる男には学生の頃から人気だったタイプと、反対に社会人になってからいろいろと勉強してモテるようになったタイプがいる
(2)モテる男も常にパーフェクトであるわけではない
 つまり、私のような“非モテ”でも勉強次第ではモテるようになるし、完璧超人を目指す必要もないということ。これからの努力次第でモテ男子になれるのであれば、チャレンジすべし! ということで、本書で語られている「モテる男」と「嫌われる男」の50ある習慣のうちのいくつかを以下に紹介したい。ちょっとしたクイズ形式となっているので、考えながら読んでみてはいかがだろうか。

■モテる男は「○○せず」嫌われる男は「○○する」

 例えば、人からプレゼントをもらった時に……

「いえいえ、受け取れません!私にはこのようなものはふさわしくありません!」
「ありがとうございます。こんなに素敵なものをいただけるなんて、とても嬉しいです」

 どちらがスマートだろうか? 前者は謙虚な姿勢は伝わるが過度な遠慮がかえって相手に不快な思いをさせてしまうかもしれない。後者は、相手に対する素直な感謝が述べられていて好感が持てる。つまり、自分の考えや気持ちは遠慮せず、きちんと伝えるのが“モテ男子”への第一歩なのだ。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ダ・ヴィンチ

株式会社KADOKAWA

2017年11月号
10月6日発売

特別定価​690円(税込)

【表紙】乃木坂46
祝!2期スタート 『おそ松さん』特集&だからアニメはやめられない!
「6つ子」描き下ろしトビライラスト
『おそ松さん』豪華キャストによる、特別鼎談!!

Yahoo!ニュースからのお知らせ