ここから本文です

見た目はヤクザそのもの「マル暴刑事」の日常とは

8/2(水) 6:11配信

デイリー新潮

 犯人を追っているはずの刑事が、人相の悪さゆえにワルモノと勘違いされて取りおさえられる――というのは、ベタな刑事ドラマにありがちなシーン。

 ただ、これは絵空事かといえばそうでもない。暴力団を捜査するうちに、その筋の人と同化したような見た目になる刑事も珍しくないというのだ。

 警視庁で暴力団など組織犯罪などを捜査するために作られた部署が、組織犯罪対策部(通称・組対〈ソタイ〉)。この組対について解説をした『マル暴捜査』(今井良・著)によれば、暴力団捜査の最前線に立つ組対4課の捜査員には、「外見でなめられないようにする」ことがまず求められる。今井氏が見た中には、スキンヘッドに色付き眼鏡で、どう見ても暴力団員にしか思えない刑事もいたという。

 もちろん、「なめられないように」とはいっても、常に暴力団員を追いかけたり、彼らと揉めたりしているわけではない。日頃はかなり地道な業務をこなしているのだ。同書をもとに、その「日常」を見てみよう(以下、『マル暴捜査』から抜粋して引用)

 ***

出勤は朝6時半

 マル暴刑事は日々、どのように動いているのか。筆者(注・今井氏)が取材した情報をもとに、 警視庁の山田警部補(仮名・所轄警察署では警部補=係長)の1日を見てみよう。

 山田警部補は40代。大学卒業後、警視庁に入庁。東京都西部の警察署や機動隊を経て、発足直後の組対4課に配属された。

 髪型はオールバックで、体は細身。柔道の上位有段者で、さまざまなマル暴捜査の現場を踏んで来たベテランでもある。現在は都内の某警察署(所轄)の「組織犯罪対策課」に所属している。

 出勤は早い。午前6時半には、所属する警察署の「組織犯罪対策課」の自席に到着するのが常だ。ちなみに警視庁の警察官は午前8時半が始業時間である。

 捜査部門では、前夜の当直中の事件などを警視庁本部に上げなければならず、その報告書のまとめなど、次の日勤帯の担当者の始業までに片付けておくことは山のようにあるという。

 この早朝の時間帯に報告、引き継ぎも行なわれる。

「係長。B(暴力団組員)2名を会社員への傷害容疑で逮捕しました」

 早速、当直担当が前夜のマル暴事案の報告に来た。管内に多くの飲食店や風俗店を抱えるため、暴力団絡みの犯罪は後を絶たない。その被害者の多くはサラリーマンなど一般人だ。

 逮捕された2人は地元の暴力団員で、調べに対し「目が合ったことに腹を立てた」などと供述したという。当直担当は組織犯罪対策課の捜査員ではなく、刑事課の捜査員だったため、山田警部補が捜査報告書などの資料とともに捜査を引き継いだ。午前中のうちに書類を改めてまとめ直し、警視庁本部の組対4課「暴力事件情報係」に報告した。

1/2ページ

最終更新:8/2(水) 6:11
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。