ここから本文です

“神様”ゴッチはどんなレスラーだったのか――フミ斎藤のプロレス読本#058【カール・ゴッチ編エピソード6】

8/2(水) 8:50配信

週刊SPA!

 199X年

 ジョー・マレンコの体つきは、カール・ゴッチのそれにそっくりだ。いつも胸をはって“気をつけ”の姿勢をしていて、お尻の面積が広くて、お腹はそんなに出ていないけれどウエストは太い。

 髪形だって、歩き方だって、そんなに似なくていいのにというくらいゴッチに似ている。ほんのちょっとまえまではそれほどでもなかったけれど、プロレスと自分のあいだの距離が広がっていくにつれて、ジョーはよりゴッチのイメージに近づいていった。

 アメリカではもうほとんどプロレスとはかかわっていない。弟のディーン・マレンコに頼まれてECWのライブにゲスト出場したことはあったが、最後にレスリングらしいレスリングをやったのはプロフェッショナル・レスリング藤原組のリングだった。

 ニュージャパン(新日本プロレス)で試合をしてみる気になったのは、子どものころからよく知っているボーイズと再会したかったからだ。それに、たまには兄弟でタッグを組んで試合をしたくなる。

 藤波辰爾は、ゴッチ教室時代のトレーニング・パートナー。フロリダ州タンパに住んでいたタイガー服部は、父親のラリーさん――プロフェッサー・ボリス・マレンコ――がツアーに出るたびにベビーシッターとして留守番に来てくれた。

 マレンコ兄弟にとって、ゴッチはレスリングの師匠であるまえに父親と仲よしの近所のおじさんにあたる。ジョーがゴッチの家に遊びにいくようになったのはまだハイスクールに通っていたころで、レスリングを習うようになったのはまったくのなりゆきだった。

 “神様”と“チェーン・マッチの鬼”が親友だなんて、なんだか妙な感じがするけれど、ゴッチとマレンコはおたがいを認め合う――レスリング・ビジネスのエスタブリッシュメント=体制に対する反骨精神を共有する――仲間だった。

 父親の仕事の関係で、ジョーンとディーンは少年時代に何度も引っ越しを経験した。タンパに落ち着くようになってからも、親父さんがずっと家にいることはなかった。

 ジョーはプロレスラーのそういうライフスタイルがあまり好きになれず、薬剤師になるために大学に進んだ。レスリングに対するアテテュード(姿勢、心がまえ)はだんだんとゴッチ的になっていった。

 ゴッチがいったいどんなプロレスラーだったかをはっきりと記憶している人はそんなにたくさんいない。アメリカのリングではアメリカン・スタイルをアダプトして試合をしていたし、あまり知られていないことだが、ニューヨークではWWE世界タッグ王者になったこともある(パートナーはレネ・グレイ)。苦手なロープワークだってやったし、パイルドライバーなんかも使っていた。

 ジョーは、ゴッチのプロレスをよく知る数少ないアイ・ウィットネスのひとりである。1973年10月に蔵前国技館でおこなわれたゴッチ&ルー・テーズ対アントニオ猪木&坂口征二の“世界最強タッグ”のビデオも持っている。

 ゴッチはゴッチでジョーのことを“息子”のように考えているようで、ふだんのなんでもない会話のなかで、ジョーにだけにはグラウンド・ポジションでのヒジの――相手の顔面をごしごし擦る――使い方なんかをこっそり教えてくれたりする。

 いくら目を皿のようにしてUWF系各団体のレスリングを分析しても、ゴッチのプロレスはみえてこない。

 ゴッチが多くの日本人レスラーに啓蒙してきたのはサブミション(関節技)の技術とトレーニング・メソッドのふたつで、現役時代のゴッチが悩んだり困ったりしながらなんとか形にしていたプロレスは、U系レスラーには伝えられていない。

 ゴッチのプロレスがじっさいにどんなものだったかを知るにはジョーの試合をたんねんに観察してみることだろう。

 弟のディーンはプロレスそのものが好きで、プロレスのそばにさえいればハッピーだけれど、ジョーはある一定のレベルに達していないレスラーと同じリングに立つことを極端に嫌う。ゴッチのプロレスをうんと洗練させたものがジョーのプロレスである。

 薬剤師のジョーは、2週間にいちどずつゴッチの家に薬の袋を届ける。ゴッチがトレーニングをやりすぎてヒザや腰を悪くするたびに、ジョーは「おお、カール」とつぶやいて額に手をあてる。

 ジョーにはゴッチの不器用さが痛いほどわかるのである。(つづく)

※文中敬称略

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ

日刊SPA!

最終更新:8/2(水) 8:50
週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2017年9月19・26日合併号
09月12日発売

¥420

・負け組[50代]になる人の特徴
・[仮想通貨バブルで儲ける](超)入門
・[騒音トラブル]で殺されない方法
・[安くても美味しい食品]の見抜き方