ここから本文です

田中麗奈、「夫の目の前で、パックして台本を読んでいます」 風呂上がりルーチンワークで結婚生活実感

8/3(木) 12:05配信

エンタメOVO

 映画『幼な子われらに生まれ』完成披露試写会舞台あいさつが2日、東京都内で行われ、出演者の浅野忠信、田中麗奈、宮藤官九郎、南沙良、鎌田らい樹、新井美羽と三島有紀子監督が出席した。

 直木賞作家・重松清氏による同名小説を映画化した本作は、“血のつながらない家族”と“血のつながった他人”という様々な立場の大人たちがつまずき、傷つきながらも幸せを紡いでいくヒューマンドラマ。

 撮影では台本を重視しながらも、役者がその場で生み出す新鮮な感覚を大切にしたドキュメンタリー手法で行われ、浅野は「台本を読んですぐにやりたいと思ったと同時に、女性の監督とは仕事をしたことがなかったので興味深いと思った。一筋縄じゃいかないし混乱もしたけど、徹底的に妥協なく監督にぶつかっていった」と撮影風景を振り返った。

 子連れで信(浅野)と再婚した専業主婦・奈苗(田中)の元夫・沢田を演じた宮藤は「なかなかひどい男の役なので、映画を見ていただくと僕の好感度が下がると思う。嫌いにならないでください」と恐る恐る懇願。一方で、「DV旦那の役で台本には奥さんや子どもの悪口ばかり。共感するところはないけど、言っていてすごく気持ちよかった」と明かして笑わせた。

 また、撮影当時「結婚して2カ月くらいだった」という田中は、スキンケアのパックをしながら夫を迎えるシーンを演じながらも「そんなのありえない」と思っていたという。ところが今では「夫の目の前で、パックして髪の毛をドライヤーで乾かしながら台本を読んでいます」と飾らずにのびのびしているそうで、「それが結婚するってことなんだなと思った」としみじみ実感していた。

 映画は8月26日からテアトル新宿・シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー。

最終更新:8/3(木) 12:05
エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

配信終了のお知らせ(11月16日)

  • nikkei BPnetの配信が終了しました。