ここから本文です

【うまい話には裏がある】義親が豪邸をプレゼント。その新居、実は・・・

8/3(木) 16:46配信

ファンファン福岡

人生で一番高い買い物といえば、もちろん、住宅でしょう。多くの人が、理想の住まいを求めて奮闘し、ローンを組んで念願のマイホームを手に入れます。ところが、世の中の一握りの人々は、まるでデパートで買い物をするような感覚で、住宅を購入することもあるんだとか。先日、結婚をした友人は、資産家の義親から豪邸をプレゼントされました。ところが、その新居には、驚愕の秘密があったのです。

決定事項のように告げられた言葉を、断ることはできません。「まだ部屋の片づけも終わっていないのに・・・」と、内心不満に思いながらも、恥をかかないよう、大急ぎで掃除や片づけをしました。ほとんど徹夜状態で義親を迎えると、なんと義親だけでなく、近所に住むジジババが10名ほど、ぞろぞろ付いてくるではないですか。

義親は、「私達のことは構わなくていいからね。もう出前のお寿司も頼んでいるから、後で受け取ってちょうだい」と彼女に伝えると、さっさと地下室に向かいました。

近所のジジババは、義親と親しいようですが、彼女は初めて会う人ばかり。

「ご結婚おめでとう!こんな素敵なおうちに住めるなんて、幸せものねぇ」

「義親さんも幸せよ。こんなに近くに住んでいるんだから、いつだって遊びにこられるじゃない」

がやがやと賑やかなジジババの言葉に、彼女は自分の顔が引きつっていくのを感じました。みんな、これまで何度も新居に来ているのか、勝手知ったる家のように、洗面所やトイレを我が物顔で使い、地下室に行ってしまいました。

なんと、あの贅沢な地下室は、義親が主催するカラオケ大会や、懐かしの映画鑑賞会、社交ダンスの会場として使われていたのです。

義親とジジババの姿が完全に見えなくなった瞬間、彼女は血相を変えて旦那につめよりました。

「どういうこと?ここは、私達のための新居じゃないの?どうして、義親や近所の人達が、勝手にやってくるの?」

旦那は、地下室が義親達の集会所になっていることを知っていたようで、言い訳がましく
「でもさ、うちの親が購入した家だし、好きに使っていいじゃないか。365日いるわけではないし、たまに集まっているだけだよ。それに、俺たちが断る権利はないだろう。」と言いました。

結局その日、ジジババの宴会は、昼すぎから夜遅くまで続き、地下からうっすら漏れ聞こえる素人カラオケの歌声に、彼女はイライラして眠ることもできませんでした。その後も、毎月2~3回行われる集会のたびに、彼女の苛立ちは募り「聞いていた話と違う!」と怒りの炎を燃やしています。

この話を聞いたのは、久しぶりに集まった飲み会でのこと。
「資産家・持ち家・長男との結婚には要注意だよ!隠し球で、何を押し付けてくるか、分からないから!」
彼女は、何度も何度も、その言葉を繰り返しました。

tsukuko

やんちゃな2歳男児と、おしゃまな4歳女児のママ。幼稚園、保育園、ご近所のママコミュニティを回遊中。

ファンファン福岡

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ファンファン福岡

株式会社西日本新聞社

福岡市を中心としたエリアで発行するフリーペーパー。「福岡って楽しい!大好き!」という地元の方々と一緒に、魅力あふれる福岡の街や人、イベント、グルメスポットなどを随時更新。