ここから本文です

「風ノ旅ビト」生みの親が、新しいVRゲーム「Luna」で目指すもの

8/3(木) 12:13配信

WIRED.jp

洗練されたゲームデザインと独特な世界観で話題をさらった「風ノ旅ビト」。同作でプロデューサーを務めたゲームデザイナーのロビン・ハニキは、いま新作ゲーム「Luna」の発売に向けて準備している。ハニキにとって初のVR対応ゲームで、彼女が目指すものとは。

原子から生物、銀河まで:あらゆるものの視点で世界と交流するゲーム

世界最大規模のゲーム見本市「Electronic Entertainment Expo(E3) 2017」が開催された6月中旬、会場の向かい側にある小さなアパートで、わたしはロビン・ハニキと彼女の新作ゲーム「Luna」について話していた。「人生のあらゆる出来事が、その人にとって良いことではありません。でも、起きることはすべて、自分の物語の一部なのです」と、彼女は言う。

心がこもった静かな言葉だが、驚くにはあたらない。というのも、2013年に仲間の開発者マーティン・ミドルトンとゲームスタジオFunomenaを創設する前、ハニキは信じられないほどパーソナルできわめて表現力豊かなPlayStation 3向けゲーム「風ノ旅ビト」のプロデューサーを務めていたのだ。

Funomenaは、実験的な技術やインタラクティヴな作品をデザインする新たな方法を探求してきた。拡張現実(AR)対応のスマートフォンやFitbitをゲームに利用するほか、初の仮想現実(VR)作品としてLunaを開発している。

テーマは「自分の犯した過ちから学ぶこと」

VRヘッドセットのOculus Riftを装着し、両手にTouchコントローラーを握った筆者に、ハニキが設定を説明してくれた。

1羽の鳥が、だまされて月の一部を食べたことで、自然界のバランスが崩れてしまう。自分の過ちに気づいた鳥は、ほかの動物も同じようにだまされたことを発見し、帰り道を探し始める。つまり「Luna」は、過ちがあっても前進して事態を正常な状態に戻す方法を学ぶゲームなのだ。

「自分でおとぎ話をつくること、伝説をつくることが大事なのです。テーマは、自分の犯した過ちから学ぶこと。トラウマや病気、無知を経て変わることです。人生もそういうものですから」とハニックは言う。

Oculus Riftを装着すると、VR作品特有の、漫画のような暗い世界が目の前に広がる。黒インクのような漆黒の暗闇だ。わたしは、金魚鉢のような形をした、折り紙のジオラマのようなものの上に浮かんでいる。ハニキが言っていた鳥と、まだ開花していない花が見える。手を伸ばして触れると、花は歌い、きらめいて、木やカメ、シダを見せてくれる。それらすべてを開くと、小さな自然が生まれる。

ジオラマは湖畔を描いた小さな絵画となり、青い花が現れ、わたしが集めたオブジェクトで満たされる。これはわたしのパレットだ。片手でパレットを持ち、もう一方の手で、この小さなテラリウムにオブジェクトを配置し、世界を復活させる。VRでは、わたしの手はエビやカニの小さなはさみのように見えるが、少し花にも似ている。こんなふうに数分間、自分の小さな自然界を静かに探索し、カスタマイズして過ごす。終わると、鳥と、わたしが見つけたカメが出会い、消えた月のかけらをいっしょに発見する。

1/2ページ

最終更新:8/3(木) 12:13
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc