ここから本文です

“神様”ジョーダンが「レブロンNO1説」に見解 「コビーよりも上? 答えはノー」

8/3(木) 11:09配信

THE ANSWER

レブロンは2013年から優勝2回を上積みするも、ジョーダンの答えは変わらず

 どちらの選手が優れているか。スポーツの世界ではたびたび話題となるテーマである。現代NBAにおいては、クリーブランド・キャバリアーズの“キング”ことレブロン・ジェームズを「歴代最高の選手」と称する声が聞かれるが、“バスケットボールの神様”の意見は異なるようだ。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。

【動画】伝説のNBA最強デュオが帰ってきた…ジョーダン&ピッペンの19年ぶり“共演”の瞬間

 注目発言をしたのは、1990年代にシカゴ・ブルズで黄金時代を築いたマイケル・ジョーダンだ。

 54歳となったジョーダンは、7月30日にカリフォルニア州サンタバーラで行われた自身主催のキャンプイベント「フライト・スクール」に登場。参加者に向けたトークショーで、レブロンやステフィン・カリー、ケビン・デュラント(ともにゴールデンステイト・ウォリアーズ)ら現役選手について話し始めた折だった。

「私がレブロンをコビーよりも上にランク付けするかって? 歴代の中で? 答えはノーだ」

 “バスケットボールの神様”が自身の見解を述べると、参加者からは驚きの声や拍手が沸き起こった。

「『5』は『3』に勝る。コビーは5回優勝している。レブロンは3回だ、彼は7回ファイナルに出ているにもかかわらずね」

 レブロンとコビー・ブライアント(2016年に現役引退)は、他を圧倒する実力やプレースタイルなどから事あるごとにジョーダンを含めて比較されてきた。ジョーダンは2013年にNBA公式中継サイト「NBA TV」のインタビューで、「いつも私が見てきたのは『5』が『1』に勝るということで、レブロンは5回優勝していないということ。彼はもっと優勝することになるかもしれないが、『5』は『1』より大きい」と優勝回数を理由にコビーをレブロンよりも上と答えている。

 それから4年の月日が経ち、レブロンは当時の1回から2013年、16年と優勝2回を上積みしたが、ジョーダンの考えは変わらなかったようだ。

ファンも白熱…「全くその通り!」「レブロンはコビーとジョーダンよりもベターだ」

 ジョーダンが公の場で自身の見解を示したことで、米メディアはこぞって特集。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」電子版が、「マイケル・ジョーダン:コビー・ブライアントは優勝5回でレブロン・ジェームズより上だ」と見出しを立てれば、米国で最も権威のあるスポーツ総合誌「スポーツ・イラストレイテッド」電子版は「史上最高に関する議論で、マイケル・ジョーダンはコビー・ブライアントをレブロン・ジェームズより上に位置づける」、米バスケ誌「スラム」電子版も「マイケル・ジョーダンがコビーをレブロンより上に順位づける:“5は3に勝る”」とこの模様を伝えた。

 ファンの間でも議論は白熱し、SNS上では様々なコメントが飛び交っている。

「全くその通り!」

「レブロン>コビー」

「レブロンは2人(コビー、ジョーダン)よりもベターだ」

「MJ大好き。そうさ、彼はLJやKBより上さ」

 なかには、ジョーダンが優勝回数を選考理由としたことから、ジョーダン(6回)を上回るチャンピオンリングを持つロバート・オリー(7回)や往年の名選手ビル・ラッセル(11回)を「歴代最高」に挙げるファンも現れるなど、意見は多岐にわたった。

 果たして数年後、同じ議論がなされた際、ジョーダンはどのような答えを導き出すのだろうか。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:8/3(木) 20:09
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。