ここから本文です

ナイキの最新スポーツブラは、スニーカーと同じハイテク素材でつくられた

8/3(木) 12:30配信

WIRED.jp

ナイキのシューズで採用されている素材「Flyknit」(フライニット)。柔軟さと丈夫さをあわせもつこの生地の特徴を生かしてナイキがつくった最初のアパレル製品は、運動中でも胸を強力にサポートするスポーツブラだ。そのスポーツブラの“常識”を覆した構造とは。

女性向けなら「小さめでピンク」という時代は終わった

スポーツブラをデザインすることは、絶え間なく動く対象にあわせてデザインすることである。ジャンプするたびに、胸は上下する。走れば、胸は8の字のように弧状を描く。「乳房組織は多種多様に動きます」と、ナイキのデザイナー、ニコール・レンドーンは言う。「ハイサポートブラをつくるために必要なパーツの数は膨大です」

ナイキのハイサポートブラには、サポートストラップ、弾性アンダーバンド、外側のファブリックパネルに隠されたスタビライザーといったように、通常40個以上のパーツが使われている。そして、これらのすべてが胸を押しつぶすことなしに、安定性を生み出すようにデザインされている。

そんな“常識”から考えると、ナイキの最新のスポーツブラ、FE/NOM Flyknit Braの構造は異例づくしだ。FE/NOMは、全体が縫い合わされた2枚の布からできている。そしてこのブラの秘密は素材にある。FE/NOMには、ナイキのスニーカーに使われていることで有名なFlyknit(フライニット)が使われているのだ。

2012年に初めて導入されたFlyknitは、柔軟さと丈夫さを兼ね備えるよう、さまざまな密度の織り方が組み合わされている。Flyknitが使われているナイキのシューズの場合、サポートがさほど必要でないつま先付近は織り方が緩くなっており、サポートが必要な側面などではきつくなっている。それゆえ余分な縫いあわせがなく、シューズの上部が一体となっているので、ぴったりした靴下のような履き心地が生まれるのだ。

FE/NOMは、これと同じ技術を利用している。一体構造ではなく、フロントとバックで異なる布が縫い合わされてできているが、まるで一枚の生地のように機能する。最も細かく織られてるのはアンダーバンドで、ここが負荷の大半を受け止める。バックは荒く織られており、柔軟性と通気性を生み出す。

黒いラインの入っている部分は「ロックダウン」ゾーンだ。Flyknitの生地がアンダーワイヤーのようになっており、強力なサポート力をもつ。

近年のデザイナーたちは、スポーツブラの見栄えと装着感を探求してきた。メーカーのなかには、ヨガウェアブランドのルルレモンのように、スポーツブラはある程度の胸の動きを許容すべきと考えているところもある。しかしナイキ(とこの研究にかかわった者の多く)は逆の方針を模索しており、それぞれの胸に圧力をかけ、包み込むことに焦点を当てている。

「わたしたちは絶対に乳房組織を動かしたくないのです。乳房組織は動くと伸びてしまい、(胸を支えている)クーパー靭帯が損傷を受けるからです」と、レンドーンは言う。Flyknitは驚くほどのサポートを提供している。しかし、それはダクトテープで胸を固定するような方法ではないのだ。

FE/NOMは、Flyknitのテクノロジーを使った最初のアパレル製品だが、最後の製品にはならないだろう。すでにFlyknit自体がブランドであり、今後この素材でどんな新製品がつくれるのか、ナイキは模索中なのだ。

ELIZABETH STINSON

最終更新:8/3(木) 12:30
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc