ここから本文です

民俗学がもつ『感情史』としての可能性──連載「21世紀の民俗学」単行本発売

8/3(木) 18:31配信

WIRED.jp

民俗学者・畑中章宏による連載「21世紀の民俗学」。2016年3月から1年に渡って、市井の人々の感情を切り取る民俗学の視点から「現代」の問題に取り組んできた本連載の単行本が17年7月28日に刊行された。

ポケモンGOをフィールドワークしてみた

「WIRED.jp」の連載「SUPER ELECTION ザ・大統領戦」から2017年2月に書籍化された『〈ポスト・トゥルース〉アメリカの誕生 ―ウェブにハックされた大統領選』〈青土社〉に続き、連載企画から新たな単行本が生まれた。

『ポケモンGO』やサイレント盆踊り、アニメの聖地巡礼といった昨今の事象を、一般的には「過去」を解き明かすとされる民俗学者が分析する──。畑中章宏が取り組んできた連載「21世紀の民俗学」は、2016年3月11日から1年間「WIRED.jp」上で月に1度のペースで掲載されてきた。この企画が書籍化されたのが、『21世紀の民俗学』〈KADOKAWA〉である。

本企画では、明治時代に創始された「民俗学」というアカデミックなフレームを更新しつつ、畑中の視点から現代日本を分析する視座をウェブ上に形成することが意図されていた。

畑中のアイデアに導かれ、さまざまな場所が連載の舞台となった。スマホをつかったARゲーム『ポケモンGO』がブームとなれば、ポケモンの生みの親である田尻智の故郷、東京都・町田市で実際にゲームを行い「レアポケモン」が出ないことを確認する。「サイレント盆踊り」という新しい祭りの形態を目撃すべく、愛知県・東海市で地元の人々に混じり、踊りに興じる。現地での「フィールドワーク」と民俗学的思索の往復により、畑中は日本における「流行」を掘り下げてきた。

「市井の民俗学者」を名乗る畑中の視座の中心には、「普通の人々」があった。2017年7月28日に発売となった単行本に寄せた書き下ろしの論考「ありえなかったはずの未来─『感情史』としての民俗学」のなかで、彼はこう述べている。

矜持とみじめさ、安堵と焦燥、満足と後悔といった感情が複雑に絡み合ったこととしてふつうの人びとの生活はある。

テクノロジーやカルチャーの変化をミクロな「感情」の視点から追いかけてきた連載「21世紀の民俗学」は、経済や政治といったマクロな観点から物事を考えることに慣れた人々の目を覚ましてきた。2016年から17年の現代日本を切り取ったウェブ上での連載「21世紀の民俗学」は、書籍となることで、紙という物理メディアに感情を記録した「歴史」としての役割をより一層強めるはずだ。

WIRED.jp_Y

最終更新:8/3(木) 18:31
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc

Yahoo!ニュースからのお知らせ