ここから本文です

メタルで武骨で男前が旬!最新サングラス事情

2017/8/3(木) 17:40配信

GQ JAPAN

夏を彩るサングラス。今年はメタルのそれで武骨かつリッチに仕上げたい。

ここ10年、サングラスは武骨を演じる黒セル(=プラスチック)ウェリントンの独壇場だったが、今年はそこにゴージャスなタッチを加えるのが気分。とくればメタルであり、ティアドロップをおいてほかにない。飛行機の操縦士にルーツをもつそのサングラスははなやかに男前をあげてくれるのだ。ロバート・レッドフォードしかり、往年のスターはティアドロップを掛けこなすことでオーラを高めたものだった。2本のバーをわたしたダブルブリッジならばいっそうインパクトが増すだろう。

TOWA TEIが掛けるアイウェアは、果たしてどこのモノなのか?

サングラス初心者にはラウンドを。ルックスどおり尖ったイメージを抑制する効果があるので、さほど気負わずにすむ。洒落者がネクスト・サングラスとして注目しているシルエットでもある。

Kei Takegawa

最終更新:2017/8/3(木) 17:40
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2018年1・2月合併号
2017年11月24日発売

600円(税込)

今年も決定!GQ MEN OF THE YEAR 2017/GQ レストラン・オブ・ザ・イヤー 2017/別冊付録はGQ WATCH Special ほか