ここから本文です

DeNA×小学館が運営で「MERY」復活 女性ユーザーの人気再燃なるか

8/3(木) 20:01配信

KAI-YOU.net

2017年8月3日(木)、株式会社小学館と株式会社DeNA(ディー・エヌ・エー)は、デジタルメディア「MERY」を共同運営することを目的とした共同出資会社・株式会社MERYを8月8日(火)に設立すると発表した。

「MERY」とは?

「MERY」は、DeNAの子会社である株式会社ペロリが運営していたキューレーションメディア兼アプリ。

女性向けのファッションや美容の情報が豊富に掲載されており、主に若い世代の女性から人気を集めていた。

しかし2016年、DeNAが運営していた医療系サイト「WELQ」の不正確かつ引用の定義を超えた記述による情報発信が問題となり、その影響でMERYにも同様の問題が指摘され突如閉鎖となった。

新しい「MERY」に期待!

一方の小学館は東京都千代田区に本社を構え、1922年に創設された歴史のある総合出版社。

『月刊コロコロコミック』や『週刊少年サンデー』をはじめ様々な書籍を刊行している。

今回、共同出資会社の設立にあたり記事の作成、編集、校閲などのノウハウを小学館がサポートし、ネット上のマーケティング等をDeNAが中心に担う体制で運営されていく。

なお、非公開化前の「MERY」で生じた諸問題については、株式会社ペロリが対応していくという。

従来の「MERY」における運営体制を抜本的に見直し、生まれ変わった「MERY」が誕生することになる。心待ちにしている女性ユーザーは多いはずだ。

最終更新:8/3(木) 20:01
KAI-YOU.net