ここから本文です

花嫁VS.カメラマンの法廷闘争がついに終了! 勝者はどっち?

8/3(木) 20:00配信

女性自身

2015年、米ダラスに住むニーリー・モルドヴァンという女性ブロガーがウェディング・フォトグラファーを訴えた。それから約2年半。長い裁判がようやく結審した。事の顛末を辿ってみよう。

2014年10月、ニーリー・モルドヴァンと夫アンドリューが結婚式を挙げた。記念すべき式の撮影は、ウェディング・フォトグラファーのアンドレア・ポライトに依頼した。パーティは滞りなく終わったが、その数週間後に事件は起こった。モルドヴァンはポライトに、「高解像度の写真はいつもらえるのか」と問い合わせのメールを送った。ポライトは「契約では、アルバムが完成したらお渡しすることになっています」と返信。そのやり取りの前に、ポライトはアルバムの表紙を飾る写真を選ぶよう夫妻に頼んでいた。これは契約に盛り込まれており、150ドルの料金がかかるオプションだった。しかし、夫妻はこの150ドルを支払うことを拒否。これを受け、ポライト側はアルバムの製作作業を中断していたという。

メールを返信した2日後、ポライトは自分がとんでもない事態に巻き込まれていることを知る。夫妻は地元テレビ局にコンタクトを取り、「悪徳業者が写真を人質に取って法外な料金をふんだくろうとしている」と話している様子が報道されてしまったのだ。「本当にショックです。すでに千ドル以上払っていたのに、さらに150ドルも払えだなんて。あれは私たちの思い出なのに」と涙ながらに訴える花嫁の姿は、地元民の同情を買うには十分だった。

「一夜にして、13年かけて築いてきた私のビジネスは崩れ去りました。私はダラスのエリートを何組も撮影していたんです。中傷やいやがらせが始まり、恥をかきました」とポライトは当時の様子を語る。実際、100件近くあった予約が取り消されたという。モルドヴァンはYelpでポライトの会社に酷いレビューを書いたり、ソーシャルメディアやブログでも彼女を非難し続けた。

翌2015年3月、ポライトはモルドヴァン夫妻を相手取り、損害賠償請求訴訟を起こした。約2年に渡る法廷闘争の末、陪審はモルドヴァン側による中傷や軽蔑、悪意の満ちるコメントなどを有罪と認め、判事は約100万ドルの支払いを夫妻に命じた。

ポライトはダラス・ニュースの取材に応え、「私は、自分の成し遂げたことを誇りに思います。自分自身の評判を取り戻すことは闘いでした」と語る。一方モルドヴァンはTwitterなどのアカウントに鍵をかけ、沈黙している。

最終更新:8/3(木) 20:00
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2791号・9月19日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

堤真一 大河主演辞退報道の陰で…第2子誕生!
中村七之助 恋人と極秘婚前旅行での急接近ぶり
有村架純 ひよっこ打ち上げ“3つのサプライズ