ここから本文です

古典柄浴衣は“ゆるシニヨン”で大人っぽくおしゃれに着こなす [with]

8/3(木) 18:00配信

講談社 JOSEISHI.NET

この夏、気になっているのが古典柄の浴衣。可愛らしいのも好きだったけど、これからは大人っぽい雰囲気のほうがいいなって♪それに合わせるヘアアレンジは、手ぐしでラフにまとめたもの。でも、せっかくだからくるりんぱとかさりげなく入れてみたり。 あとは.......、ヘアアクセで”やってる感”をプラス! カジュアルなヘアピンと、和テイストのかんざしを合わせるのが、ちょっぴりおしゃれに見せるコツかな。

古典柄の浴衣に似合うのは頑張りすぎないゆるシニヨン

HOW TO ARRANGE

(1)前髪を1:9に分け、9側の耳の上で結んでくるりんぱに。 ねじり目から少量ずつ髪を引き出し、ゴムの結び目にはヘアピンをオンしておく。

(2)耳上から衿足の中央に向かって、V字を描くように髪を取る。このとき、耳前には少量、耳後ろはやや多めに髪を残しておき、耳の高さで結ぶ。

(3)結んだ毛束を数回ねじり、ゴムの結び目に時計回りに巻きつけていく。ねじった毛束と地の髪とが一緒になるよう、4ヵ所ほどピンで固定する。

(4)左耳後ろに残した髪を数回ねじり、3のおだんごに巻きつけピンで固定。右側もこれを繰り返し、耳前の髪をゆるく巻く。かんざしを差してできあがり!