ここから本文です

全米OP前哨戦に参加表明のフェデラー 「失った世界1位の座」奪還へ海外も注目

8/3(木) 22:08配信

THE ANSWER

14年以来のロジャーズ・カップ出場「モントリオールに戻れて嬉しい」

 テニス男子シングルス世界ランキング3位のロジャー・フェデラー(スイス)は、8月28日から開幕する全米オープンに向けて、ATPツアー・マスターズ1000のロジャーズ・カップ(カナダ)とウエスタン・アンド・サザン・オープンへの参戦を表明した。2012年11月以来となる世界1位の奪回なるか、注目は高まっている。

【写真】全米オープンを前にリラックス…フェデラーがツイッターで公開した“充電期間”を過ごした母国スイスでの“2ショット”

「私はモントリオールに戻ることができて嬉しい。何年間もプレーするチャンスを手にすることができていなかった。2017年シーズンはすごくエキサイティングなものになっている。ATPツアーのコートに戻れることを本当に楽しみにしているんだ」

 フェデラーはATPワールドツアー公式サイトで、ロジャーズ・カップの出場を宣言。 2014年の決勝ではジョー・ウィルフリード・ツォンガ(フランス)に敗戦。それ以来のカナダでの戦いに、全盛期の強さを取り戻した男は気持ちを高ぶらせていた。

 ロジャーズ・カップ開催中の8日に36歳の誕生日を迎えるフェデラーは、今季31勝2敗と圧倒的な強さを見せている。全仏オープンこそ膝のケアのために回避したが、全豪オープンとウィンブルドンを含めてツアー優勝5回。全米オープンで自身20度目のグランドスラム優勝を目指す。

マレーとナダルの結果次第で、今年中に世界のトップに返り咲く可能性は十分

 そして、2012年11月にノバク・ジョコビッチ(セルビア)に奪われた世界NO1の座を奪還できるかにも大きな注目が集まっている。

 スペイン紙「AS」は「フェデラーは世界1位争いのリングに帽子を投げ込む」と特集。フェデラーが全米オープンの前哨戦となるロジャーズ・カップと米シンシナティで行われるウエスタン・アンド・サザン・オープンに参戦すると発表したことをレポートした。

 記事では、「フェデラーは今季最後のグランドスラムに向けてハードコートでの調整を進める一方で、彼は2012年10月以降、失った世界1位の座に疾走することになる」と報じている。

 現在のATPポイントは1位のアンディ・マリー(英国)が7750ポイント、2位のラファエル・ナダル(スペイン)が7465ポイント、3位のフェデラーが6545ポイントとなっている。

 ロジャーズ・カップとウエスタン・アンド・サザン・オープンは、優勝すればいずれも1000ポイントを手にできる。全米オープンで優勝すれば2000ポイント。好調のフェデラーは、マレーとナダルの結果次第で今年中に世界のトップに返り咲く可能性は十分にある。

 圧倒的な強さと華麗さを誇るマエストロが、再び頂点にたどり着くのか目が離せない。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:8/3(木) 22:08
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。