ここから本文です

原口所属ヘルタ出身の現役MLB選手をFIFAが直撃! 「サッカーと野球の最大の違い」とは

8/3(木) 22:12配信

Football ZONE web

ヘルタ下部組織出身のケプラー、現在はツインズで活躍中

 現在アメリカのメジャーリーグ(MLB)で活躍するマックス・ケプラー(ミネソタ・ツインズ)は、少年時代に日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンの下部組織で育った。FIFA公式サイトがケプラーへの独占取材を実施。そのなかで、サッカーと野球の最大の違いについて語っている。

【動画】壁11人の大ピンチから…わずか20秒の電撃カウンターで先制点奪取!

「僕がサッカーを始めたのは6歳の時だ。同じ年齢で野球にも初めて取り組んだ。ベルリン出身の子どもは、みんなサッカーから入るんだ。僕もサッカーをして育ったうちの一人。幼少期からサッカーに触れ合うことになる」

 そう振り返ったケプラーは、所属していたヘルタの下部組織で、今夏ヴォルフスブルクへと活躍の場を移したアメリカ代表DFジョン・アンソニー・ブルックスの同僚として、ともにピッチに立っていた。ケプラーは当時、守護神を務めていたという。

「ゴールキーパーとしてプレーしていたわけだけど、それが当時一緒にやっていた他のスポーツにもうまく関連させられた。テニス、そして野球にね。僕は常に手に重点を置くスポーツに取り組んでいた。攻撃でもプレーしていたけど、ゴールに投げ込んでしまうんだ」

 やがて成長とともにサッカーから離れ野球の道を選んだケプラーは、2009年にツインズに加入。メジャーリーガーとしての人生を歩み始めた。

 サッカーと野球の双方を経験しているケプラーは、両競技に取り組む上での最大の違いについて触れた。

サッカーと野球、最大の違い

「サッカーではより多くの距離を走らなければならない。どんな時もスタミナを維持し続けなければならない。一方で野球は、先発投手でない限りそこまでスタミナを必要とされない。野球は、瞬間的な爆発力とアジリティーが求められるんだ。サッカーはスタミナ、継続的な走行力であるのに対してね」

 そう語ったケプラーだが、サッカーに注ぐ愛情は今も全く変わっていないようだ。

「ヘルタ・ベルリンの動向は常に追っているよ。あとは、特にブルックスだ。ブンデスリーガの試合はいつも僕の練習時間と被ってしまっているけど、ハイライトは必ずチェックしている」と、いちファンとして古巣、そしてかつての仲間の活躍を心から祈っている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/3(木) 22:12
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新