ここから本文です

【総体】市船、連覇の夢は後半AT弾からのPK戦に散る! 決勝は流経大柏×日大藤沢に

8/3(木) 13:43配信

SOCCER DIGEST Web

流経大柏は手堅く勝利。市船は終了直前に追いつかれ…。

 平成29年度全国高校総体(インターハイ)の男子サッカー競技は8月3日、宮城県内2会場で準決勝の2試合が行なわれた。決勝のカードは、前回準優勝の流経大柏と前回覇者・市立船橋を撃破した日大藤沢となった。

【インターハイ男子準決勝PHOTO】前橋育英0-1流経大柏|流経大柏が決勝進出!



 前回優勝の市立船橋(千葉2)と初優勝を目指す日大藤沢(神奈川2)の対戦は白熱の攻防戦となった。0-0で迎えた後半、市立船橋は同23分に郡司篤也のゴールで先制。その後は一進一退の展開となったものの、1-0のままアディショナルタイムへ。しかし、勝負あったかに思われたラストワンプレー、日大藤沢はロングボールの競り合いのこぼれ球を菊地大智が右足ボレーで叩き込み同点とする。試合はそのままPK戦に突入したが、これを5-3で制した日大藤沢が決勝にコマを進めた。

 ともに優勝経験のある流経大柏と前橋育英(群馬)の一戦は、前半20分にDF関川郁万がセットプレーから打点の高いヘッドを叩き込み、流経大柏が先制。その後は、関川と瀬戸山を中心とした堅いディフェンスで前橋育英の反撃を封じ込め、流経大柏が2年連続の決勝進出を決めた。

 この結果、決勝は初優勝を目指す日大藤沢と9年ぶり2度目の優勝を狙う流経大柏という顔合わせとなった。
 
 男子の準決勝の結果と、決勝の組み合わせは以下の通り。
 
インターハイ 男子サッカー
準決勝の結果(8月3日)
流経大柏(千葉1) 1-0 前橋育英(群馬)
日大藤沢(神奈川2) 1(5PK3)1 市立船橋(千葉2)

決勝(8月4日/13:30/ユアスタ)
流経大柏(千葉1) × 日大藤沢(神奈川2)

 

最終更新:8/7(月) 18:03
SOCCER DIGEST Web