ここから本文です

久保建英に届いていたネガティブな声。J3での悔しさがもたらした、ある「こだわり」とは

8/3(木) 18:46配信

SOCCER DIGEST Web

本人が昨年との違いとして挙げた「決定力」。

[日本クラブユース選手権(U-18)決勝]FC東京U-18 2-0 川崎U-18/8月3日/味フィ西
 
 前半から圧倒的に攻め込んでいたのはFC東京U-18のほうだった。決定機を何度も作り、あとはいつゴールをこじ開けるか、という流れだった。ただ、チャンスを作りながらも決めきれない展開というのは嫌なもの。試合の主導権を握りながら、少ない好機を相手に決められて敗北を喫する展開というのはサッカーではよくあることだ。少し不穏な空気が流れるなか、均衡を破ったのはやはりFW久保建英(1年)だった。

【日本クラブユース選手権決勝PHOTO】久保の決勝ゴールでFC東京U-18が2連覇!

 
 79分にDF荒川滉貴(2年)のパスを受けたMF小林幹(3年)が独力で中央を突破。ドリブルをしながら、わずかに出来たスペースを見付け、右足でゴール前にラストパスを送り込む。このタイミングで左サイドから猛然と走り込んだ久保だったが、シュートコースはほとんどない状態。それでも、一瞬の隙を見逃さず、ニアサイドにグラウンダーのシュートを正確に流し込んだ。ボールがネットを揺らすと、多くのサポーターが待ち構えるゴール裏へと一目散に走り、“俺が決めたぞ”と言わんばかりに感情を爆発させた。大会のMVPはチームの2点目を奪った小林幹に譲ったが、久保自身も千両役者と呼ぶに相応しい活躍ぶりだったのは間違いない。
 
 昨年のクラブユース選手権でも5ゴールを奪い、印象に残るプレーで優勝に貢献した。もちろん今年も大会を通じて素晴らしいプレーを見せており。連覇を成し得たチームを語る上で欠かせない存在だったのは確かだろう。
 
 一方でゴール数を見ると2得点と少々物足りなさを感じさせる。ただ、これはJ3のピッチにも同時期に立っていたため、昨年より出場数やプレー時間が少なくなったゆえの数字だ。「今大会は昨年より出ている試合数が少ないので、ある意味妥当な数字だと思っている」と語るように本人もそこは意に介しておらず、むしろ成長を感じることが多かったと話す。
 
 とりわけ、本人が昨年との違いとして挙げたのが決定力の部分だ。今までであれば何本もシュートを放つなかで、ゴールをこじ開けて来た。しかし、この決勝では1本しか放っていない。そのわずかな機会をしっかりと生かし、チームを勝利に導けたことは本人にとって自信を深める出来事だった。
「これまでは何本もシュートを打って、やっと1点だったけど、今日は1本のシュートで1点を取れたので嬉しい。自信になるし、練習から周りにも『1本が勝負』だと言われていたので、しっかりと決め切れて良かった」
 
  この言葉からも充実ぶりが伺える。


 

1/2ページ

最終更新:8/3(木) 22:34
SOCCER DIGEST Web