ここから本文です

新たな仮面ライダー・犬飼貴丈は威風堂々「新たな歴史をビルドします!」

8/3(木) 7:00配信

ザテレビジョン

9月3日(日)朝8時スタートの「仮面ライダービルド」(テレビ朝日系※10月から朝9時)の制作発表が8月2日に行われ、犬飼貴丈、赤楚衛二、高田夏帆、越智友己、滝裕可里、水上剣星、前川泰之が登壇した。

【写真を見る】犬飼演じる天才物理学者・桐生戦兎が変身した仮面ライダービルド

「平成仮面ライダーシリーズ」19作目として登場する仮面ライダービルドは、天才物理学者が主人公。物質の成分を吸収し閉じ込めた“フルボトル”を組み合わせ、まるで実験を行うようにさまざまなフォームに変身する。組み合わせの中には、ラビットとタンクのように強力な力を発揮できる“ベストマッチ”が存在する。

その天才物理学者・桐生戦兎を演じる犬飼は、出演について「マネジャーさんにドッキリのように聞かされ、喜びよりも驚きの方が大きかったです」と告白した。食事の席でマネジャーから台本を渡されたとのことで、その際の得意げなマネジャーの様子を再現。さらに、その後の食事については「今まで食べたご飯の中で一番おいしかったです(笑)」と明かし、大物ぶりを見せた。

また、司会者からは「犬飼さんは何と何を組み合わせると“ベストマッチ”になりますか?」という突然の無茶振り質問が。これには「台本に無かったんだけど…(笑)」と一瞬困惑した様子を見せた犬飼だったが、すぐに「“愛”と“勇気”で!」と回答。会場からも拍手が起こっていた。

役作りについては、初めに監督から「そのままでいい」と言われたことを明かした犬飼。「戦兎は記憶喪失という設定なので、台本を読み進めて戦兎と一緒に記憶を紡いでいく感じです」とコメントした。

さらに、犬飼はビルドへの変身ポーズを披露。変身のシークエンスから変身後の決めぜりふまでばっちり決めてみせ、会場からはこの日一番の拍手が沸き起こった。

元格闘家で戦兎が失った記憶の鍵を握る男・万丈龍我を演じる赤楚。剣道をやっていたという赤楚は、「間合いの部分などがアクションシーンに生かせています」とコメントした。また、出演についてはまず親に報告したと明かし、「少しは親孝行になったのかなと思います」と感慨深げに語った。

ヒロイン・石動美空役の高田は、全日本忍者選手権優勝という経歴の持ち主。「今のところ役に生かせる場面は無いですが、作品に忍者が出てくるのか楽しみにしていてください。でも、私は忍者になりません(笑)」と断言していた。

研究所所長・氷室幻徳の秘書である内海成彰を演じる越智は、思い出に残った仮面ライダーシリーズについて「仮面ライダーカブトです。回し蹴りのライダーキックが一番好きで、よく真似をしていました」と回答。司会者に促されると壇上でライダーキックを披露し、会場にどよめきを起こした。

フリージャーナリスト・滝川紗羽役の滝は、「仮面ライダーゴースト」とVシネマ「仮面ライダーアクセル」に出演しており、本作がシリーズ3作目の出演となる。「『こんなに仮面ライダー作品に出られる人って世の中にいるのかな?』という思いで、とにかくありがたい気持ちでいっぱいです」と喜びを語っていた。

首相補佐官兼研究所所長の氷室幻徳を演じる水上。演技については「監督から『余裕を持ってほしい。(主人公の)戦兎もまた違った余裕を持った人間なので、“余裕”対“余裕”という画を見せてほしい』と要求されました」と明かした。また、「娘が2人いるのですが、(この役を演じることで)嫌われないようにしたいです」と語り、笑いを誘っていた。

カフェ「nascita」のマスターで美空の父親・石動惣一役の前川は、本作ではライダーシリーズのいわゆる“おやっさん”ポジション。「『“おやっさん”という役をやるような年齢になってきたな』と感慨深く感じるとともに、若くフレッシュな皆さんとこれから長く仕事ができることを楽しみにしています」とあいさつした。

最後に出演者を代表し、犬飼が「平成仮面ライダー19作品目、仮面ライダービルドは新たな歴史を“ビルド”します!」と作品への意気込みを披露。会見を締めくくった。

記事提供社からのご案内(外部サイト)