ここから本文です

成田凌“コード・ブルー”出演に「プレッシャーもたくさん」

8/3(木) 11:50配信

ザテレビジョン

毎週月曜夜9時から放送中のドラマ「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(フジテレビ系)。関東地区での初回平均視聴率が16.3%(ビデオリサーチ調べ)を記録し、前シーズンから7年ぶりの新作を待ち望んだファンの期待にしっかりと応えた本作で、成田凌がスキル的に劣っていることをコンプレックスに思っていて、自己嫌悪に陥ることもあるが、真面目で心優しいフライトドクター候補生・灰谷俊平を演じている。

【写真を見る】成田が演じる灰谷は、スキル的に劣っていることをコンプレックスに思っていて、自己嫌悪に陥ることもあるが、まじめで心優しい性格

成田は本作に出演するに当たって「本当に大切な思いを持ったキャストの皆さん、スタッフの皆さんが作ってきているものに参加させていただくことは、とてもうれしい喜びですが、プレッシャーもたくさんあります」と話す。

そんなプレッシャーの中で、役を演じることについては、「先輩たちが支えて引っ張ってくださるので、逆に気が楽というか楽しく演じさせていただいています。だからこそ自由に(灰谷役を)演じていいのかな?と思っています」と語る。

また、「自分が危険な目に遭ったら誰に助けてもらいたい?」という質問に成田は、「僕は藤川先生(浅利陽介)以外だったら誰でもいいです(笑)」と冗談交じりに話し、「僕もなかなか(仕事が)“できない人”の役なんですけど、藤川先生と2人で何か作業しているときは不安でいっぱいで、他の皆さんは冷静に対処してくれそうなので…」と理由を明かした。

最終更新:8/16(水) 1:45
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)