ここから本文です

磐田MF松井大輔、ポーランド移籍に「厳しい状況に身を置いた方がいいかなと」

8/3(木) 18:53配信

フットボールチャンネル

 ポーランド2部のオドラ・オポーレへ完全移籍するJ1ジュビロ磐田のMF松井大輔が3日、報道陣の取材に応じた。

【動画】福西崇史がJ1前半戦MVPを選定!

 磐田に残る選択肢も「十分にあった」という松井はチームについて「状態もいいし、このままいけば上位を狙って優勝争いに食い込めると思う。(磐田に)いたいなという気持ちもすごくあった」と明かしている。

 今シーズンはリーグ戦7試合の出場にとどまったが、ピッチに立てばチームのためにプレー。例え残り数分というタイミングで投入されても、不満の色も見せずに全力で戦った。そうした姿勢は周囲に好影響を与え、好調を陰から支えていた。

「環境を変えたり、安定があると外に出てみたくなるのかな。厳しい状況に身を置いた方が自分としては、目先のことじゃなくて将来的にもいいんじゃないかなと」

 日本代表でも活躍し、クラブレベルでは欧州4ヶ国でプレーしてきた。13/14シーズンにはポーランド1部のレヒア・グダニスクに所属しており、3年ぶりのポーランド復帰となる。

「ずっと試合に出続けることが今の一番の目標なので、頑張りたい」

 36歳のファンタジスタが新天地でどのようなパフォーマンスを見せるか注目だ。

(取材・文:青木務)

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ