ここから本文です

「飲んだあとのシメに食べたい都内ラーメン屋」2年で500杯以上食べたラーメンYouTuberが厳選

8/3(木) 16:00配信

週刊SPA!

 飲ん兵衛サラリーマンにとって、飲んだあとの“シメの一杯”ほど魅力的なものはない。二次会が解散になった24時。いけないとはわかっていても、繁華街で吸い込まれるるように入っていくのは「ラーメン」のカタカナ四文字が書かれた雑居ビル。

⇒【写真】「すごい煮干しラーメン 凪」他、オススメラーメン店

 むろん、毎晩のようにシメの一杯を食べるのは危険以外の何物でもないが、たまに足を運ぶならば大きな影響はないはず(と思いたい)。

◆超人気ラーメンYouTuberが選ぶ「飲んだあとに入りたいラーメン屋」

 どうせ行くならば、毒を食わば皿まで。絶対に失敗しない店を選びたいものだ。そこで本記事では、2年間で500杯以上のラーメンを食べたという人気ラーメンYou TuberのSUSURU氏に、都内で飲んだ後に入りたいラーメン店を5つ選んでもらった。

◆1:渋谷と新宿でスッキリしたいならまずはココ

●すごい煮干しラーメン 凪 渋谷東口店

・営業時間

[月~木]11:00~翌1:00

[金・土]11:00~翌3:00

[日・祝]11:00~22:00

「東京を代表する煮干しラーメンの一つである凪。こちらは渋谷の駅から六本木方面へ少し歩いたところにありますが、行く価値は大いにあり。一杯あたり60gもの煮干しを使用しているというスープと手揉みの縮れ麺の相性は抜群です。凪は他にも店舗があるのですが、24時間営業のゴールデン街本館は新宿で飲むときの強い味方!」

◆2:新宿で24時間営業。どんなときも“シメの一杯”を食べられる

●めん屋 桔梗(ききょう)新宿店

・営業時間

24時間営業(年中無休)

「こちらはなんと、24時間無休で営業しているという新宿の超ディープスポット。おつまみメニューとお酒も充実しているので、一次会も二次会も、そしてシメにも行けちゃう万能店! 僕はものすごく酔った状態で塩つけ麺をすすったのですが、脳天直撃な美味しさで思わず目が覚めた記憶があります(笑)」

◆3:背脂を食べたい時に24時間対応できる店はココだけでは

●ホープ軒(千駄ヶ谷)

・営業時間

24時間営業(年中無休)

「真夜中に欲しくなるものといえば……そう、背油ですよね。ホープ軒は、元祖背油ラーメンのお店としてあまりに有名ですが、なんと24時間営業なのです!シメの一杯が食べたい時に、営業時間をググる必要がありません! 24時間いつでも背油を補給できるなんて…わくわくしますよね。醤油ダレのキリッと効いたスープにたっぷり背油で翌日も元気にいきましょう!」

◆4:恵比寿横丁でくすぶってるキミたちへ

●AFURI 恵比寿

・営業時間

11:00~29:00(年中無休)

「恵比寿、中目黒、六本木など、オシャレな街には必ずといってよいほど店舗があるこちらのお店。特に、恵比寿のAFURIは恵比寿横丁の裏にあるので、エビ横でくすぶった夜のシメにぴったり。優しい柚子塩ラーメンで癒されて帰りましょう! 味も洗練されており、さすが恵比寿!」

◆5:食べたらなぜか安心する、北千住の隠れた名店

●東京屋台ラーメン 翔竜(北千住)

・営業時間

[月~土]11:00~翌2:45(L.O) ※火曜のみ15:20~17:00の間準備中

[日]11:00~0:00(L.O)

「北千住でシメ、といえばこちら。僕が東京に出てきて初めて油そばをすすったお店でもあります。メニューはたくさんあるのですが、シメならラーメン、がっつり食べるなら油そばがおすすめです。都心の行列店のように、めっちゃ美味しい!ってわけではないですが、飲んだ後に食べると、どこか安心する。そんなお店です。500杯以上食べてきた中でも、僕のとても好きなお店ですね!」

<取材・文/日刊SPA!取材班>

日刊SPA!

最終更新:8/3(木) 16:00
週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2017年10月3日号
10月03日発売

¥400

・[若者の貧困]どん底ルポ
・AI時代に生き残る人・消える人の境界線
・本当は恐ろしいAIスピーカー
・20代女子が堕ちる[インスタ地獄]