ここから本文です

アルコールで最も飲むのはやっぱり・・・ デイリードリンカーは“家飲み”派?

8/4(金) 12:41配信

オーヴォ

 夏といえばキンキンに冷えたビールがうまい! だから・・・かどうかは定かでないが、アルコール飲料といえば、やはりビールという人が多いようだ。クロス・マーケティング(東京)が全国47都道府県に在住する20~59歳の男女を対象に実施した「アルコールに関する調査」によると、アルコールの種類別の飲用率(月1回以上飲む割合)でトップとなったのはビール類で、その割合は44%だった。2位はチューハイの29%、3位はワインの20%。一方、いずれのお酒も飲用は月に1回未満、もしくはまったく飲まないという人も44%だった。

【写真】関連情報を含む記事はこちら

 いずれかのお酒を月に1回以上飲む人のうち、もっとも飲用率が高いビール類の飲用頻度をもとに4タイプを定義、それぞれのタイプを比較してみると、ビールの飲用頻度が高いほど既婚率・正社員率が高いという結果が出た。

 また、各タイプで比較をすると、週5回以上ビールを飲む“デイリードリンカー(Daily Drinker)”は男性40代~50代でほぼ半数を占める。対して、ビール飲用頻度が月1回未満の“ノンドリンカー”は女性の割合が高く、60%以上となった。一方、週に1~4回ビールを飲む“ウィークリードリンカー”は他のタイプと比べて最も数が多く、“デイリードリンカー”よりも外食での飲用率が高くなっている。

 さすがに、毎日飲む人は“家飲み”派。毎日外で飲むのは、懐と相談すると難しいよなぁ。

最終更新:8/4(金) 12:41
オーヴォ