ここから本文です

松田翔太&秋元梢 千代の富士一周忌終え「そろそろ」と期待

8/4(金) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 現役時代の勝負強ささながら、一周忌の命日に、見事な“白星”を上げた。7月31日に放送された『力士・親方70人&ファン1万人がガチで投票! 大相撲総選挙』(テレビ朝日系)。「本当にスゴい力士BEST30」で2位の貴乃花にダブルスコアの得票数をつけて1位に輝いたのは、往年の名横綱・千代の富士(享年61)だ。くしくも放送日は千代の富士の命日だった。

「無敵の横綱も膵臓がんには勝てなかったが、不屈の闘病は現役時代の鬼気迫る迫力そのものでした。最期になった昨年7月の名古屋場所中の稽古でも、痛みをこらえて竹刀片手に厳しく指導していた姿が目に浮かびます。自分と他人に厳しい半面、家族と弟子思いで優しさにあふれる親方でした」(九重部屋関係者)

 6月1日には、菩提寺である東京・谷中の玉林寺で、納骨の儀と一周忌法要がしめやかに行われた。

「その日は親方の誕生日でした。納骨、法要を行った後、親方の好きだった浅草ビューホテルで中華料理をいただきました。この法要に参加できなかった人は7月31日の命日に集まりました」(前出・関係者)

 生前から親しい知人に「早く娘に結婚してほしい」と漏らしていた千代の富士。その心残りとなったのは娘でモデルの秋元梢(30才)だった。

「梢さんは松田翔太さん(31才)と交際中です。2015年4月に熱愛がスポーツ紙で報じられる直前、担当記者から報告を受けた親方は、報道を“黙認”することで娘の交際を後押し。無口な親方らしい親心でしたね。梢さんは翔太さんを紹介していて、親方公認の仲。父・優作さん譲りの男気がある翔太さんを親方も気に入っていました」(別の九重部屋関係者)

 ふたりはその思いを知りながら千代の富士の闘病を見守り、無念の死を迎えた後は喪に服した。それから1年。ふたりと近しい関係者が口を開く。

「すでに翔太さんは“時期が来たら”とプロポーズをすませているそうです。現在ドラマの撮影中で多忙なので、仕事のスケジュールが落ち着いたところで、ということなのでしょう。一周忌法要などでは、翔太さんは表に出ることはありませんでしたが、彼は父親を亡くした悲しみの癒えない梢さんを、ずっと近くで支えています。一周忌が終わって、“そろそろ嬉しい報告があるはず”と周囲は期待しています」

※女性セブン2017年8月17日号