ここから本文です

【阪神】若虎の中で一人だけ成績を向上させている中谷将大

8/4(金) 11:00配信

文春オンライン

 昨年、金本阪神が掲げていた若手育成路線、いわゆる『超変革』の中心は打の高山俊であり原口文仁であり北條史也であり、さらに投の岩貞祐太だった。だからこそ、今年はこの4人のさらなる飛躍が期待されており、2017年の球団カレンダーにも掲載されるようになった。また、阪神のスポンサーとして知られる家電量販店・JoshinのCM(主に関西圏で放送)にも、今年は上本博紀と藤浪晋太郎に並んで新たに岩貞が出演するようになった。一部では「JoshinのCMに起用されると活躍できない」というジンクスも囁かれているが、それはさておき、とにかく岩貞に大きな期待がかかっていたことは確かだ。

注目された若手が翌年に成績を落とす――近年の阪神に目立つパターン

 ところが、いざ2017年度のプロ野球が開幕すると、その4人がそろいもそろって低空飛行を続けた。ここまでの時点では4人とも昨季を下回る成績しか残せておらず、若手の成長という意味では停滞感が否めない。前年に飛躍のきっかけをつかんで注目された若手選手が、その翌年に成績を落とす。これは近年の阪神に多く見られたパターンである。

 たとえば2007年、当時プロ5年目だった林威助は自己最多の115試合に出場し、惜しくも規定打席に4足りなかったものの、打率.292、本塁打15の好成績を残した。これによって林は左の大砲としておおいに将来を期待されたものの、その翌年以降は故障などに悩まされ、結局07年の成績を一度も超えることなく、13年限りで戦力外通告を受けた。

 また、同じく07年には右の大砲候補と目されていた高卒6年目の桜井広大がシーズン途中で初めて一軍切符をつかみ、91試合の出場で打率.281、本塁打9の成績を残した。しかし、そんな桜井も故障に悩まされ、翌年はわずか25試合の出場。そのまた翌年の09年には自己最多の103試合に出場し、初の二桁本塁打(12本)を記録するなど、再浮上するかと思われたが、以降はまたもや故障に苦しむなどして、成績が低下。結局、09年の12本塁打がキャリアハイのまま、11年限りで戦力外となった。

 もちろん、故障という不運な要素はあるにせよ、どういうわけか近年の若虎にはこのパターンが非常に目立つ。成長の折れ線グラフが上に上に伸びていかないのだ。

1/2ページ

最終更新:8/4(金) 11:00
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

世の中を驚かせるスクープから、
毎日の仕事や生活に役立つ話題まで、
"文春"発のニュースサイトです。