ここから本文です

<目撃>まるでギャング、チーターの獲物を横取りするハゲワシ集団

8/4(金) 7:20配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

数十羽の集団でインパラをむさぼる姿が衝撃的

 はらぺこのチーターが、せっかく捕まえた獲物を敵に横取りさせたりしないだろう。そう思っていたら、実態は違っていた。

【動画】チーターの獲物を横取りするハゲワシ集団

 南アフリカ共和国のクルーガー国立公園で、興味深い動画が撮影された。捕らえたばかりのインパラをチーターの親子が食べているところに、ハゲワシの集団が近づいてプレッシャーをかける。チーターはいったん鳥たちを威嚇するものの、争うことなくその場を立ち去ってしまう。

 専門家によると、こうした出来事は特に珍しくはないという。ナショナル ジオグラフィック協会の大型ネコ科動物保護プロジェクト「ビッグキャット・イニシアチブ」の責任者で、保全生物学者でもあるルーク・ダラー氏は、「アフリカの大型ネコ科動物3種のうち、最も弱いのがチーターです」と話す。

チーターにとっては安全第一

「チーターにとっては、負傷しないことが非常に重要です。他の動物に優位を奪われることはよくあります」とダラー氏は説明する。「素早い動きで狩りをするチーターですが、安全が脅かされれば獲物から離れます」

 ハゲワシが来た時点で、このチーターたちはすでにお腹がいっぱいだったのかもしれない。そのうえ、チーターの母親は子連れだったため、危険を避ける傾向が普通よりずっと強かったのだろう。

 ハゲワシの専門家で、ナショナル ジオグラフィック協会のエクスプローラーでもあるコリン・ケンドール氏も、よく見られる光景だと話した。ハゲワシが他の動物から獲物を奪うところもケンドール氏は度々目にしている。だが、チーターがそうした行動をとった理由について、同氏は意外な見解を示した。

「私たちはこれまでの研究で、ハイエナがハゲワシを使って死骸を探すことを明らかにしてきました。その方が、早く死骸にたどり着けるのです」とケンドール氏。したがって、このチーターは単にハゲワシを恐れたのではなく、続いてハイエナが来る可能性を考えたのかもしれないと指摘する。

ハゲワシも減っている

 チーターもハゲワシも、南アフリカの生態系にとって不可欠だ。最近の調査ではチーターの個体数が7000頭を割り込んでおり、絶滅の危険が大きいことがわかっている。

 アフリカ全体のハゲワシの生息数も、伝統薬を作るための密猟や中毒など、さまざまな理由で減少している。地元住民がライオンを標的として動物の死骸に殺虫剤を混ぜ、放置しておくことがしばしばあり、腐肉をあさるハゲワシがそれをたまたま食べて、毒に当たってしまうのだ。

 ハゲワシのいない世界はけっして良いものではない。インドでは、家畜の死骸を偶然食べたハゲワシが中毒を起こし、数が激減した。家畜に与えられていた特定の薬が、ハゲワシには毒となったためだ。ハゲワシが減った結果、野犬の数が爆発的に増加。インド国内の狂犬病患者も急増し、多くの死者が出る事態になっている。

文=Shaena Montanari/訳=高野夏美

記事提供社からのご案内(外部サイト)