ここから本文です

中間管理職が大きなカギを握る! 職場のストレス・マネジメント

8/4(金) 21:10配信

PHP Online 衆知(THE21)

ストレスを「部下の成長につなげる工夫」がメンタルダウンを防ぐ

働く人にとって、ストレスゼロというのは現実的に不可能。また、極度のストレスはメンタルヘルスを害すが、適度なストレスは人間を成長させるとも言われる。では、ビジネスマンにとって適切なストレスとの距離感とは? ストレス研究の第一人者として活躍し、企業のメンタルヘルス対策にも取り組んできた白波瀬丈一郎氏にお話をうかがった。

〈取材・構成=塚田有香〉

ストレスとは、握ったゴムボールと同じ?

ストレスとメンタルヘルスが密接な関係にあることは、誰もが知っていると思います。では、そもそも「ストレス」とはなんなのか。まずはそれを医学の見地から説明しましょう。
ストレスとは、なんらかの刺激を与える「ストレス要因(ストレッサー)」によって、心身に生じるゆがみのことです。それは、ゴムボールを手でぎゅっと握ったときのことを思い浮かべるとわかりやすいでしょう。
このとき、ボールの形をゆがませる指の力が「ストレス要因」、ゆがみに伴って内部に生じる圧力が「ストレス」、ゆがみによって生じるさまざまな変化が「ストレス反応」、ゆがんだボールが元の形に戻ろうとする反発力を「レジリエンス」と呼びます。一般的には、これら四つを合わせて「ストレス」と呼ぶこともあります。
かつて精神医学では、「ストレスの強度は、ストレス要因に依存する」と考えられていました。この考えを前提に作成されたのが「社会再適応評価尺度」です。これは、人々にとってどのようなライフイベントがストレス要因になるかを調査し、それぞれのストレス強度を数値化したもの。たとえば「配偶者の死」なら100、「離婚」は75、「結婚」は50などと、点数に換算されています。
ただし、この尺度には限界がありました。同じライフイベントでも、どのくらいストレスを感じるかは体質や性格などによって個人差があるからです。離婚をして落ち込む人もいれば、スッキリして元気になる人もいるでしょう。
同じ強さでボールを握っても、ボールの堅さや弾力はそれぞれ異なるので、ゆがみ方や元の形に戻ろうとする力にも、差が出るわけです。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE21

PHP研究所

2017年12月号
2017年11月10日発売

630円(税込)

【総力特集:本当に疲れが取れる! 最高の休息術】主に40代以降の「疲れ」に着目し、疲労を効率的に回復させるコツを特集!