ここから本文です

処方された薬は必ず飲まないとダメ?

8/4(金) 11:10配信

Wedge

質問:子どもが風邪をひいて受診するといくつかの薬が処方されますが、全部飲ませないといけないのでしょうか? できれば薬は減らしたいのですが……。

答え:必ずしも飲ませなくてもいい薬と、必ず飲ませるべき薬があります。医師に「あまり飲ませたくない」と伝えることは遠慮する必要はありません。

答える人 石橋涼子先生(石橋こどもクリニック院長)

 たとえば咳止めや鼻水止め、痰切りなどはそれぞれの症状を緩和するための薬で、飲まないと風邪が治らないわけでも、長引くわけでもありません。

 本人がそれほどつらそうでなければ、これらの薬は飲まなくても問題ありません。

 ただ、必要があって抗生剤が処方されている場合や、喘息の症状への気管支拡張剤などはきちんと服用しないと症状が悪化したり、長びいたりしかねません。

 何が必要で何が必要でないかを一般の方が判断するのは難しいので、なるべく薬を減らしたいという方は、受診時に医師にそう伝えるのがいいと思います。親の「減らしたい」という希望だけでなく、子どもが薬を飲むのが上手でないために「なるべく減らしたい」という場合でも、それに見合った配慮が可能な場合もあります。

 ちなみに、子どもが口に含んだけど吐き出してしまった、あるいは薬をコップごとひっくり返してしまったということもしばしば耳にします。

 前者の場合、全部を吐き出すことはあまりないので、慌ててまた飲ませる必要はありません。後者の場合はまったく飲んでいませんので、もう一度飲ませる必要があります。

柳瀬 徹 (フリーランス編集者、ライター)

最終更新:8/4(金) 11:10
Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2017年10月号
9月20日発売

定価500円(税込)

■特集  がん治療の落とし穴 「見える化」で質の向上を
・玉石混交のがん治療
・質を競い合う米国の病院
・効果不明瞭のまま際限なく提供される「免疫療法」の〝害〟